最新記事

北朝鮮

ウクライナ情勢が金正恩を強気に転じさせた──「31発のミサイル実験」から見えること

Time to Worry Again

2022年6月29日(水)18時11分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

兵器開発の加速は被害妄想の兆候なのか

ジェームズ・マーティン不拡散研究センター東アジア不拡散プログラムのジェフリー・ルイス部長は、こうした新型兵器の開発ペースと精密さについては「やや警戒が必要」だと考えている。金がこれらを抑止力としてだけでなく、いつか実際に使う兵器と見なしている可能性を示しているからだ。

ルイスの同僚であるジョシュア・ポラックは、北朝鮮による兵器開発の加速は「紛れもない被害妄想」の兆候の恐れがあると指摘する。「『われわれは弱くない、だから手を出すな』と警告する」ためだという。

いずれにしても懸念されるのは、各方面で想定外の行動が必要になる可能性だ。6月5日に北朝鮮が8発のミサイル実験を行った翌朝、韓国はアメリカと合同でさらに短い10分間に8発の短距離弾道ミサイルを発射し、北朝鮮を牽制した(北朝鮮に対する一般の関心は低くなっているとしても、あらゆる脅威を監視している人々は北朝鮮の動きを慎重に見守り、迅速に対応している)。

北朝鮮がより攻撃的になっているのも、ある意味では想定外と言えるかもしれない。北朝鮮の一連の動きを受けて、韓国では5月に保守派が政権を握った。文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は北朝鮮との緊張緩和を果たしたいと願っていたが、新大統領の尹錫悦(ユン・ソギョル)は協議の再開に一切関心がない。

北朝鮮が8発のミサイル発射実験を行った前日には、米韓が日本の沖縄近郊の海上で合同軍事演習を行っていた。北朝鮮のミサイル発射はこれより前に計画されていたはずだから、米韓に対抗した動きとは考えにくい。それでも金と側近は、この演習に注目したはずだ。

さらに韓国と日本は、6月29日に開かれるNATO首脳会議に招待されている。ヨーロッパとアジアにあるアメリカの同盟諸国が、安全保障の会議で一堂に会するのは初めてのこと。金の暴走を許容したロシアと中国にとっては、この動きも想定外の結果と言えるかもしれない。

そんななかで少なくとも1つ、前向きと受け取れる兆候がある。

金は党中央委員会拡大総会で国家安全保障チームを刷新し、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官を外相に任命した。彼女はこれまで西側諸国との交渉に数多く参加し、アメリカ情勢に精通していると言われる。崔の任命は、金が交渉再開に関心を持っている兆候かもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

メキシコ中銀、3会合連続で0.75%利上げ 追加引

ワールド

ウクライナ領土に対するロシアの主張、決して認めず=

ワールド

米国務長官、ロシア編入「投票」を非難 「土地収奪の

ワールド

米上院、12月16日までのつなぎ予算案を可決 政府

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 7

    英女王死去でデンマークが残念だった理由

  • 8

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 9

    チャールズ新国王は疲れを知らず瞬間沸騰もある、ス…

  • 10

    「アルツハイマー病は脳疾患ではないかもしれない」…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月