注目のキーワード

最新記事

軍事

極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況を一変させうる

How Russia's Zircon Hypersonic Missiles Could Turn the Tide of Ukraine War

2022年5月31日(火)18時22分
ジャック・ダットン

ロシアのバレンツ海から発射されたツィルコン(5月28日)  Russian Defence Ministry/REUTERS

<高速の変速飛行が可能で既存のミサイル防衛システムでは撃墜できないという最先端兵器「で、実用化も近いとされるが、一つだけ弱点がある>

ロシア国防省は5月28日、海軍が極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」の発射実験を行ったことを発表した。同ミサイルはまだ開発段階にあるものの破壊力が高く、今後ウクライナでの戦闘に導入されれば、戦況を大きく変えることになる可能性もある。

「ツィルコン」は28日にバレンツ海のアドミラル・グリゴロビッチ級フリゲート艦から発射され、約1000キロメートル離れた白海の標的に命中したということだ。落下地点は、NATOに加盟申請しているフィンランドとスウェーデンにも近い。

同省は声明の中で、「発射実験は、新兵器試験の一環として行われた」ものだと説明した。「客観的データによれば、極超音速巡航ミサイル『ツィルコン』は、約1000キロメートル離れた海上の標的に命中し、指定の基準を満たした」

声明と共に公表された30秒間の動画には、ロシアが保有する最新のフリゲート艦からミサイルが発射され、煙をたなびかせながら空に消えていく様子が映っている。

極超音速ミサイルをめぐっては、中国、アメリカとロシアが開発競争を繰り広げている。同ミサイルは最高で音速の9倍、即ち「マッハ9」のスピードで飛べる。またウラジーミル・プーチン大統領自身の言葉によれば、射程距離は約1000キロメートルに達する。

迎撃は無理

ツィルコンはまだ開発中の兵器だが、今年後半には実戦配備が可能になるとみられている。実用化されれば、ロシア軍の巡洋艦やフリゲート艦、潜水艦への搭載が可能で、海上と地上の両方の標的に対して使用することができるため、ウクライナでの戦況を大きく変えることになる可能性が高い。

ロシアの複数の当局者は、ツィルコンは遠く離れた場所から標的を狙えるうえ、高速で変速飛行が可能なので、既存のどのミサイル防衛システムでも迎撃は不可能だとしている。

防衛産業アナリストのニコラス・ドラモンドは本誌に、ツィルコン実用化の準備が整えば、ロシアがそれを使おうとするのは「確実だろう」と述べた。ただし、ツィルコンは安くない。

「トマホーク巡航ミサイルが1発あたり500万ドル未満なのに対して、ツィルコンは推定で500万~2億1000万ドルと非常に高価なミサイルで、艦船、とりわけ空母の攻撃用に設計されている」と彼は言う。

「戦場に配備して、飛行場や弾薬・燃料の保管庫、物資の輸送拠点などの戦略目標を破壊するのにも使える。地上攻撃用の兵器として大きな威力を発揮すると予想されるが、ツィルコンを通常のロケット砲のように使用するのは不経済すぎる。ウクライナ軍の各部隊が、被害を避けるために上手く分散して活動していることを考えれば、なおさらだ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国工業部門企業利益、5月は前年比-6.5% 2カ

ワールド

謎の小児急性肝炎、6月は疑い例920人に増加=WH

ビジネス

暗号資産取引所FTX、ブロックファイ株取得へ協議=

ビジネス

カナダ経済、依然として軟着陸への道に=財務相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月