注目のキーワード

最新記事

META

「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人気クリエイター驚きの暴露

OnlyFans Star Says She Slept With Meta Employees to Get Instagram Unbanned

2022年5月21日(土)18時32分
ニック・モードワネク

stnazkul-iStock

<何度もアカウントを停止されてきた女性クリエイターが、運営社員と関係を持つことで特別扱いしてもらったと明かして物議を醸している>

クリエイターが作成したコンテンツを、「ファン」と呼ばれる視聴者と共有するプラットフォーム「OnlyFans」に、「キティ・リクソ」という人気の女性クリエイターがいる。そんな彼女がポッドキャストの番組「ザ・ジャンパー」に出演し、過去に自身のInstagramアカウントの停止を解除してもらうため、Meta社(かつてのFacebook社)の社員と性的な関係を持ったと語り、物議を醸している。

番組内で、司会者がリクソに「これまでにした最もふしだらなことは何?」と尋ねると、彼女は知り合いのFacebook社員と寝ることで、それまで何度も停止されていたアカウントを再開してもらったこと、と答えた。

Meta社の傘下には、FacebookのほかInstagramやWhatsAppなどのSNSサービスがある。こうした大手のSNSは、OnlyFansのクリエイターたちにとって、自身のコンテンツに人々を誘導するためにも使われる重要な「ツール」でもある。リクソは、Instagramに約20万人のフォロワーを持っている。

OnlyFansには、自身のコンテンツをファンが視聴することや、彼らと直接やり取りすることで金銭を受け取ることができる仕組みがある。2016年にサービスを開始したロンドンに拠点を置くOnlyFansだが、ポルノ系のコンテンツが人気を博して急成長してきた経緯がある。

そこで活躍するリクソは、Metaの友人男性について「Instagram(アカウント)を停止する際のレビューのプロセスや、それぞれの部門がどんな役割を果たしているかを教えてくれた」とも語っている。彼女が男性から聞いたところによれば、Metaの「インテグリティ(誠実さ)」部門は、どのアカウントが停止されているかを監視し、それらの再開を許可する権限を持っているという。

「2~3回、アカウントを再開してもらった」

そこで彼女はInstagramでインテグリティ部門の社員を探し始め、次にLinkedInで探し当てた社員にメッセージを送ったという。だが、この試みは失敗したと、彼女は言う。

「そこで私はInstagramの別アカウントを使って、彼らをストーカーし始めたの。それで、別の部署ではあったけれど、ロサンゼルスのInstagramで働く人たちを見付けた」

彼女はロサンゼルスで彼らと会い、彼らと性的な関係を持つことで「2~3回、アカウントを再開してもらうことができた」と明かした。アカウントを停止された人は、粘り強く運営会社の従業員と接触しようとすればよいと彼女はアドバイスしている。

Metaは、自社のプラットフォーム内で「性的な勧誘につながる可能性のある性的に露骨な言葉」などについて制限を掲げている。リクソの発言の真偽は不明ながら、「100%また同じことをやる」と宣言しているだけに、アカウント運営の公平性に疑問を持たれかねない発言は尾を引きそうだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB分断化防止策、重要なのは「闘う意思」=スペイ

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月