最新記事

北京冬季五輪

北京に到着の五輪選手団にコロナ感染判明相次ぐ、ピークはこれから

COVID Cases Among Olympic Athletes Are Rising Just 4 Days Before Games

2022年2月1日(火)13時49分
ナタリー・コラロッシ

北京国際空港に到着したフランス選手団を迎えた防護服姿の中国側スタッフ(1月31日) Phil Noble-REUTERS

<世界中から北京に到着する選手や関係者の感染確認はこれからがピークだ>

北京冬季五輪の開幕(2月4日)が数日後に迫るなか、現地では出場選手やチーム関係者の新型コロナウイルス感染が増えている。

大会組織委員会によれば、過去4日間で中国国内にいる大会関係者119人が検査で陽性と判明。このうち1月29日には34人、同30日には37人の陽性が確認されている。彼らの多くが、北京国際空港に到着した際の検査で陽性と判明。1月30日には、空港到着時の検査で28人の陽性が確認され、このうち8人が出場選手とチーム関係者だった。

北京到着後の感染判明により、一部のアスリートは五輪出場の夢が潰えることになる。USAトゥデイ紙によれば、検査陽性者のうち、無症状の者は検査で陰性結果が出るまで北京で隔離されることになり、症状がある者は中国国内の病院で治療を受けることになる。

1月31日の空港到着後に行った2回の検査で2度とも陽性が出たロシア(個人資格で参加)のバレリア・バスネスツォワ選手(バイアスロン)は、自分のオリンピックの夢はこれで終わったと述べた。

バスネスツォワは「残念だが、私のオリンピックの夢は、夢のままで終わる」とソーシャルメディアに投稿した。「いつかこのショックを乗り越えて、再び立ち上がることもできるかもしれないが、それはまた別の話だ」

「4年間の努力が最後の最後で無に」

アメリカのクリス・マズジャー選手(リュージュ)は、感染が判明すれば、大会に向けて重ねてきた努力が無になるかもしれず、選手たちは神経を尖らせていると明かした。

ロイター通信によれば、マズジャーは記者団に次のように語った。「このところ、多くの出場選手の陽性が判明している。これは恐ろしいことだ。前回の大会からの4年間で重ねてきた努力が、最後の最後で無駄になってしまう」

北京冬季五輪の医療専門家会議で座長を務めるブライアン・マクロスキーは、記者会見の中で、大会関係者の感染はピークに達しつつあり、今後、世界各地から選手たちが中国に到着すればさらに増えるだろうとの見方を示した。

「中国に到着する人の数は、これからピークを迎える。検査陽性者の数はそこで最も多くなるだろう」と彼は述べた。

感染のさらなる拡大を防ぐために、大会組織委員会は厳しい「バブル方式」を採用し、全ての関係者を一般市民から隔離する措置を取っている。全ての出場選手、スタッフや報道関係者は、バブルの内側に入る前に少なくとも2回、検査で陰性と判定され、またバブル到着時に再度検査を行って、ここでも陰性と判定されなければ、入ることはできない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月