最新記事

ペット

いなくなったペットのネコは隣人に食べられた?

2021年12月15日(水)21時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

(写真はイメージです) Irina Fedorova-iStock

<「隣人がネコを食べたと確信したとき」というテロップとともに映像は始まる>

「隣人が私のペットのネコを食べた」

ある女性の不気味な投稿がネット上で物議を醸している。

玄関の外で隣人がネコと触れ合っている「怪しい」動画がTikTokで拡散され、(15日時点で)26万を超えるいいね!と5500件以上のコメントが寄せられている。

アメリカでは2018年、犬やネコを食用に殺めることが違法となった。違反した場合は、最高で5000ドルの罰金を科せられる。珍しいこととはいえ、それ以前には44の州でこの行為は合法だった。

@jesslynn8880

You don't find that suspicious #viral #foryou #missmosse #cat #crazy #neighbors #single #relateable #what

♬ original sound - Jessica Lynn

ジェシカ(@jesslynn8880)は、動画で自身の状況を説明している。

「隣人がネコを食べたと確信したとき」というテロップとともに映像は始まる。

防犯カメラで撮影された映像には、隣人とされる女性がネコと戯れる様子が映し出されている。

女性はしゃがんでジェシカのネコをなで、近くにはもう1人の人物が立っている。冒頭の声は小さく聞き取りづらいが、彼女は「危ないからネコちゃんを家の中に入れてあげて」と言っているようだ。

「さもないと、あなたのネコちゃんを盗んじゃうわよ。だって、おいしいんだもの」と女性は笑いながら続ける。

「冗談よ。私はペットをさらったりしない。でも、もし私が盗むとしたらこの子が最初の候補よ」

「私とずっと一緒にいたい?」と女性はネコに尋ねる。

最後に「ネコは翌日行方不明になった」とテロップが表示され、映像は終了する。

この動画について、コメント欄では激しい議論が展開された。ユーザーは事件そのものだけでなく、放し飼いの是非についても議論している。

「なんでこの翌日にネコを外に出したの?」

「100%あなたのせい」

「彼女はただのいい人で、ネコを放し飼いにすることについて警告したかっただけなのでは?」

これに対し、ジェシカは「ネコが行方不明になるまでこの映像を見ていなかった」と弁明している。

さまざまな意見が見られたが、ほとんどのユーザーは隣人がネコを「食べた」とは思っておらず、ネコは盗まれた可能性が高いと解釈しているようだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、1週間で4回の高頻度

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月