最新記事

動物

袋詰めにされた犬53匹を救出 食肉処理される寸前だった

2021年11月30日(火)12時05分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
犬

世論調査では9割以上が犬肉禁止を支持しているが…(写真はイメージです) Gilitukha-iStock

<インドネシアで違法な犬肉取引業者が摘発され、トラックの荷台からは飼い主の元から盗まれた53匹の犬が見つかった>

違法な犬肉処理場に到着したトラックに積み込まれていた53匹の犬が、警察と動物愛護団体によって救出された。インドネシアで撮影された凄惨な映像が波紋を呼んでいる。

ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)の声明によると、ほとんどが盗まれたペットで、袋に入れて縛られており、なかには口が開けられないように縛られた犬もいたという。多くの犬はやせ細っていた。

11月24日未明、犬たちを乗せたトラックがジャワ島中部スコハルジョ県にある屠殺場に到着したところで捕まった。警察は事前に島内の犬の密売組織に潜入。20年以上にわたって犬肉取引の中心的存在だった業者を逮捕するため、違法な屠殺場を捜査していた。

犬や猫の食肉取引禁止運動を全国的に展開するドッグ・ミート・フリー・インドネシア(DMFI)の活動家も現場に駆けつけ、犬たちを救出した。残念ながら1匹は、過酷な旅の途中で命を落としたという。

DMFIのローラ・ウェバーは、犬たちが極度のトラウマを抱えていたと述べている。

「犬たちはトラックの荷台に乗せられ、頭を殴られたり、喉を切られるといった最も恐ろしい旅に耐えてきた。彼らがこらえてきた恐怖を思うと、ただただ打ちのめされる」

生き残った犬たちは応急処置を受けた後、一時的な保護施設で健康を取り戻すためのケアを受ける。団体はできるだけ飼い主との再会を目指しているが、成功の可能性は低い。

取引禁止への転機に

世論調査によると、インドネシア国民の93%が犬肉の全国的な禁止を支持しており、犬肉を食べるという人はわずか5%程度にとどまった。インドネシア政府は犬肉売買を取り締まると約束しているが、明確な禁止令を出しているのはスコハルジョ県をはじめとするいくつかの地方自治体だけだ。

当局の対応に「非常に感謝している」とウェバーは語る。

今回の摘発が他の業者に対しても強いメッセージとなり、全国的に取引を禁止するための転機となることをDMFIは期待している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国「618」セール盛り上がり欠く、期間延長も財布

ワールド

中国の自動車メーカー、EU車への報復関税要請=環球

ビジネス

5月訪日外国人、19年比9.6%増 3カ月連続30

ビジネス

英CPI、5月は前年比+2.0%に鈍化 21年以来
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中