最新記事

動物

食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

2019年12月05日(木)17時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

無理やりこじ開けた犬の口に大量の泥水を流し込む Fight Dog Meat/Facebookより

<食用の犬の飼育は法律で禁じられていても、犬肉を提供している店がある。その調達ルートは想像に難くない>

ベトナムでは、犬の肉を食用にする習慣がある。世界愛犬同盟(WDA)の調査によると、実際に食べたことがあると答えた国民は全体の8割を突破。首都ハノイの人民委員会は2018年9月に「犬猫の肉を食べないで」と呼びかける声明を発表したが、現在も各地で食用犬の売買が行われているという。英メトロ紙が伝えた。

では、その犬をどこで調達するのか。食用犬の飼育は法律で認められていないため、大半は飼い犬を盗んで犬肉の取引業者に引き渡す方法が主流となってる。

愛犬がある日何者かに盗まれ、食肉市場で売りに出される──。決して想像したくない状況だが、犬食に反対する団体「ファイト・ドッグ・ミート(FDM)」はさらに凄惨な動画をフェイスブックに公開した。

この映像には、地方の農家の軒先で5人の男が犬を羽交い締めにしている光景が映し出されている。犬には服が着せられていることから、男たちがペットとして飼われていた犬を盗んできたことは明白だ。

【参考記事】韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとした男、英メディアが怒りの報道

これだけでも明らかな虐待行為だが、次に目を覆いたくなるほどの信じられない光景が現れた。男たちは犬の口を無理やりこじ開け、無表情のまま大量の泥水を喉の奥に注ぎ込んだのだ。食用犬として販売するには、ある程度の肉付きが必要になり、重いほど高く売れるという。このため彼らは泥水を飲ませて、犬の体重を増やそうとしていたのだ。

この様子を隠れて録画していた撮影者は男たちに見つかり、慌ててその場を立ち去ったため動画はこの場面で中断されているが、FDMは「驚くべきことにベトナムではこのような光景が日常的に繰り広げられている」と指摘。犬食の習慣が続く限り、愛犬の盗難と虐待行為はなくならないとの懸念を表明している。

ニュース速報

ビジネス

ダウ平均453ドル安、新型肺炎拡大で経済への懸念強

ワールド

新型肺炎、北京で初の死者 世界株安進行 米大統領は

ワールド

加で新型肺炎2人目の感染確認、武漢から帰国の夫婦 

ビジネス

ECBの超緩和策、資産バブルや将来の危機招く恐れ=

RANKING

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 4

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 5

    「プチ断食」に期待される減量だけでない効用

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!