注目のキーワード

最新記事

動物

「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょん跳ぶ子猫に動物好き悶絶

2021年11月11日(木)19時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

自分はウサギだと思っている?(写真はイメージです) Voren1-iStock

<「私は2羽のウサギを見ている」「涙が出そう」──TikTokユーザーを悶えさせた子猫>

ウサギの真似をする子猫の映像が、TikTok上の猫好きの間で話題になっている。この映像は、飼い主のp_malinaによって投稿されたものだ。

子猫は最初、友達であるウサギの動きを注意深く観察している。ぴょんぴょん移動するウサギを見て、自身も同じように跳躍する。子猫のジャンプは1回にとどまらず、何度もうさぎの後に続いて跳ぶ姿を披露している。

@p_malina #animals #cat #rabbit #loveanimals #foryou #foryoupage #fyp #xyzbca #trending #trend ♬ meet me at our spot by willow smith and tyler cole - The Favourites.

この動画は動物好きの間で大いにウケて、TikTokでは(11月11日時点で)400万以上の「いいね!」と5万件以上のコメントが寄せられている。

「私は2羽のウサギを見ている」

「涙が出そう」

「可愛すぎて死にそう」

なかには「彼は本物のコピーキャット(模倣者)だ」というジョークも。

想像以上に真似が得意?

研究者たちは、飼い主が思っている以上に、猫が真似することに長けていることを発見した。

2020年9月に学術誌「Animal Cognition」で発表されたエトヴェシュ・ロランド大学(ブダペスト)の動物行動学者クラウディア・フガッツァ氏と日本のドッグトレーナー檜垣史氏の研究では、檜垣氏の愛猫エビスにさまざまな動きをして見せた。そして「Do it」と口頭で命令する。

エビスは "Do it"が「真似してみて」という意味であることを理解し、「寝転ぶ」「くるくる回る」「引き出しを開ける」といったおなじみの動きから、今までやったことのないさまざまな動作まで真似ることができた。16回の実験のうち、エビスは8割の確率で真似をして見せたという。

次にTikTokで人気者になる猫は何の真似をしてくれるのだろうか。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「議会向かえ」と要求、警護隊ともみ合い=

ワールド

米FDA諮問委、ワクチンの見直し勧告 オミクロン株

ワールド

米JDパワー自動車調査、初期品質が36年で最低 労

ワールド

ウクライナ大統領、ロシアを「テロ国家」と非難 国連

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月