注目のキーワード

最新記事

自然災害

ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

Remains of Man Attacked During Hurricane Ida Found Inside 500-Pound Alligator

2021年9月15日(水)19時10分
サマンサ・ベルリン

ルイジアナ州では、洪水で流れてくるものに要注意 Holcy-iStock.

<洪水が庭先まで運んできたのは、体重230キロのアメリカアリゲーターだった>

米国ルイジアナ州南東部で9月13日(現地時間)、体重230キロ弱のアメリカアリゲーター(別名:ミシシッピワニ)の体内から、人間の遺体の一部が見つかった。この遺体は、2週間前から行方がわからなくなっていた71歳の男性のものとみられている。この男性は、大型ハリケーン「アイダ」で発生した洪水で流されてきたワニに襲われたと考えられている。

地元セントタマニー郡の保安官事務所職員は、ルイジアナ州魚類野生生物局(LDWF)の職員およびルイジアナ州の野生生物部から許可を受けた害獣駆除ハンターと共同で罠を仕掛け、体長約3.6メートルのこのワニを捕獲した。体内から、人間の遺体の一部が発見された。現在は郡の検視局が、この遺体が、行方不明となっていたティモシー・サテルリーのものかどうかを特定する作業を行っている。

身の毛もよだつ悲劇

妻の話によれば、サテルリーは2週間前、庭で膝まで水に浸かっていたところをワニに襲われた。夫の片腕を引きちぎったワニを夫を引き離し、体を階段にもたれかけさせてボートで助けを求めに出たが、戻ってきた時には夫の姿はなくなっていたという。

「これは身の毛もよだつ悲劇であり、サテルリー家のみなさんには心からお悔やみを申し上げる」と、郡保安官のランディ・スミスは13日付けでフェイスブックに投稿した。「今日の発見が何らかの区切りとなることを願ってやまない。保安官事務所や支援にあたった他の機関の職員の、不眠不休の働きをとても誇りに思う。何としてでもこのワニを見つけるという職員の粘り強い努力が、ご遺族が死に向き合う上での支えになればと願う」

保安官のスミスは、この地区の住民に対し、浸水地域を歩く時には細心の注意を払うようにと呼びかけた。ハリケーン「アイダ」の影響で、普段の生息地を離れたところにも野生生物がうろついていることがその理由だ。

ルイジアナとフロリダの2州は、アリゲーターの生息数がアメリカで最も多い地域で、その数はそれぞれの州で100万頭を超えると、ルイジアナ州魚類野生生物局(LDWF)は述べている。

LDWFでは、害獣駆除ハンターを動員することで、野生のワニと人間の間に起きるトラブルを最小限に抑えるよう務めている。LDWFの基準では、体長約1.2メートル以上のアリゲーターはすべて害獣に区分される。駆除を担うハンターは、害獣に相当するアリゲーターを毎年1000頭以上捕獲している。

(翻訳:ガリレオ)

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/カン・ハンナ/レニック/本音座談会…

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「脱成長」理論に脚光、気候変動加速でタブ

ワールド

アングル:タリバン政権発足から1年、自由失った女性

ワールド

米下院、「インフレ抑制法案」を可決 バイデン氏署名

ワールド

ウクライナ軍、ロシア制圧域の供給路攻撃可能 弾薬庫

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 7

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 8

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 9

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 10

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 6

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月