最新記事

ペット

小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が特長の小型犬20種

Best Small Family Dogs

2021年8月21日(土)15時03分
トム・フィッシュ
ビューワー・テリア

ビューワー・テリア VOLCHANSKIY/ISTOCK

<マルチーズ、キャバリア、シーズー......。アメリカン・ケネルクラブが推薦する、飼い主への愛情あふれる小型犬たち>

うれしくて仕方ない様子の愛犬にじゃれつかれるのは、人生における大いなる喜びの1つだろう。ぺろぺろなめたり尻尾を振ったり、犬はボティーランゲージで飼い主への忠誠心を表現する。

愛犬家団体アメリカン・ケネルクラブ(AKC)のジーナ・ディナード事務局長は、小型犬を飼うなら「自分たちのニーズに合った犬種を見極めるのが大切だ」と語る。

「もこもこしたかわいい子犬を見たら心をわしづかみにされるかもしれないが」とディナードは言う。「まずはリサーチをし、自分のライフスタイルや住宅事情、子供たちの年齢といったさまざまな要素にぴったり合う犬種を見つけてほしい」。例えば幼い子供と仲良くなれるかといった性質は、犬種によっても差があるからだ。

では、小型犬を飼ってみたい人向けにAKCが勧める犬種の一部をご紹介しよう。

■マルチーズ

210824P56_KIN_01.jpg

FACUNCO MARTIN CORREIA/ISTOCK

穏やかで気さくで、それでいて華やかさも併せ持つ犬種。AKCによれば「家族に対しとても優しく愛情深い」。体重は重くて3キロくらい。

■ブリュッセル・グリフォン

ベルギーの都市部で暮らしていた犬がご先祖。AKCによれば「賢くて鋭敏で、温かい心の持ち主で家族に対して愛情深い」。体重は4キロ前後で体高は18~25センチくらい。

■ポメラニアン

キツネのような顔立ちで、元気いっぱいで勇敢。ディナードは「非常に愛情深くて優しく、家族の素晴らしい仲間になる」と言う。体高は15~18センチ、体重は1.4~3キロくらい。

■フレンチ・ブルドッグ
210824P56_KIN_02.jpg

ALBERTOBRIAN/ISTOCK

近年、人気が急上昇している犬種。遊ぶのが好きで順応性が高く、賢くて家族への愛情も深い。ディナードによれば「小さい子供とも、他の犬とも仲良くできる」。体重は約13キロで体高は24~33センチくらい。

■ボーダー・テリア

タフな使役犬だが、AKCによれば「気立てがよくて愛情深く、家でしつけをするのも可能」だ。用心深い一方で気のいいところもある。体重は6キロくらいまで、体高は30~38センチだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中