最新記事

動物

キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大騒ぎ

2018年3月12日(月)17時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

The Dodo-Twitter

<綿毛のような小さなペットの大きなギャップが、世界を揺るがしている...>

犬の「ヨギ」を知っているだろうか。ふわふわの毛に包まれた愛らしいオス犬のヨギは飼い主のシャンタル・デシャルダンとともに楽しく暮らしている。

そんなヨギに注目が集まったのは、最近のこと。デシャルダンが載せたヨギの写真がSNSで物議を醸している。「人間の男性の顔をしている!」と、確認できるだけで、すでにアメリカ、中国、タイ、韓国、ドイツ、ベトナム等のメディアで取り上げられている。

動物情報サイト「The Dodo」は、確かに、ヨギの顔には人間に通じるものがあると伝えている。我々が見慣れている犬の目は丸味があって黒眼がちなのに対し、ヨギはアーモンド形で白目もはっきりしており、眼差しはシャープだ。さらに、眉のように見える毛とピンクの唇を持っている。

小さな愛玩犬に、人間のようなパーツが組み合わさることで「ぞっとするような容姿」に感じられるという。


友人が、掲示板に投稿すると...

飼い主のデシャルダンは、第三者に指摘されるまでヨギの顔が人間のようだと思ったことは一度としてない。「全然、そんなふうには見えない」と語っている。

The Dodoによると、ことの発端はフェイスブックで共有したヨギの写真だった。「犬(ヨギ)に人間が感じられる」「人間の顔と交換しているみたい。びびった」などと書きこまれ、その後デシャルダンの友人がアメリカ最大級のソーシャルサイト「Reddit」にヨギの写真を投稿すると、ユーザーから大きな反響があったという。多くのユーザーが、「ウソでしょ...?」や「なぜこんなに不快な気持ちにさせるんだ」と書きこんだ。もちろんフォトショップ加工を疑う声や「人間と犬のハーフ」という悪ふざけもあった。

しかし、ヨギの写真のすべてが人間のように見えるわけではない。件の写真は、ちょうどトリミングをしてきれいにカットした姿で、しっかりとカメラに視線を向けている。これが人間のように見せるために大きな役割を果たしていると考えられる。

飼い主のデシャルダンは、ネット上のコメントを気にしていない。愛するペットの真の姿は自分が一番わかっているし、むしろヨギの写真に寄せられた膨大な反響を楽しんでさえいるそうだ。「ヨギはふわふわで最高に抱きしめたくなる子。最高よ!」と、愛を語った。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月