最新記事

動物

キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大騒ぎ

2018年3月12日(月)17時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

The Dodo-Twitter

<綿毛のような小さなペットの大きなギャップが、世界を揺るがしている...>

犬の「ヨギ」を知っているだろうか。ふわふわの毛に包まれた愛らしいオス犬のヨギは飼い主のシャンタル・デシャルダンとともに楽しく暮らしている。

そんなヨギに注目が集まったのは、最近のこと。デシャルダンが載せたヨギの写真がSNSで物議を醸している。「人間の男性の顔をしている!」と、確認できるだけで、すでにアメリカ、中国、タイ、韓国、ドイツ、ベトナム等のメディアで取り上げられている。

動物情報サイト「The Dodo」は、確かに、ヨギの顔には人間に通じるものがあると伝えている。我々が見慣れている犬の目は丸味があって黒眼がちなのに対し、ヨギはアーモンド形で白目もはっきりしており、眼差しはシャープだ。さらに、眉のように見える毛とピンクの唇を持っている。

小さな愛玩犬に、人間のようなパーツが組み合わさることで「ぞっとするような容姿」に感じられるという。


友人が、掲示板に投稿すると...

飼い主のデシャルダンは、第三者に指摘されるまでヨギの顔が人間のようだと思ったことは一度としてない。「全然、そんなふうには見えない」と語っている。

The Dodoによると、ことの発端はフェイスブックで共有したヨギの写真だった。「犬(ヨギ)に人間が感じられる」「人間の顔と交換しているみたい。びびった」などと書きこまれ、その後デシャルダンの友人がアメリカ最大級のソーシャルサイト「Reddit」にヨギの写真を投稿すると、ユーザーから大きな反響があったという。多くのユーザーが、「ウソでしょ...?」や「なぜこんなに不快な気持ちにさせるんだ」と書きこんだ。もちろんフォトショップ加工を疑う声や「人間と犬のハーフ」という悪ふざけもあった。

しかし、ヨギの写真のすべてが人間のように見えるわけではない。件の写真は、ちょうどトリミングをしてきれいにカットした姿で、しっかりとカメラに視線を向けている。これが人間のように見せるために大きな役割を果たしていると考えられる。

飼い主のデシャルダンは、ネット上のコメントを気にしていない。愛するペットの真の姿は自分が一番わかっているし、むしろヨギの写真に寄せられた膨大な反響を楽しんでさえいるそうだ。「ヨギはふわふわで最高に抱きしめたくなる子。最高よ!」と、愛を語った。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、石油・石炭関連が安い

ビジネス

アングル:アジア株は弱気相場突入か、貿易摩擦やトル

ビジネス

貿易収支、7月は2312億円の赤字 対米輸出2カ月

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月