最新記事

アジア系差別

韓国系移民の共和党候補が「中国系移民はアメリカに来るな」と発言

Ex-Trump Official Rejects Chinese Immigrants, Says It's OK as She's Korean

2021年4月5日(月)17時14分
キャサリン・ファン
韓国系移民のセリー・キム

元上司のトランプ同様に新型コロナと中国人を結びつける発言をして激しい批判を浴びているセリー・キム(右) Twitter

<下院補選への出馬に意欲見せるも、先輩の韓国系女性議員からは総スカン>

トランプ政権で中小企業庁の高官を務め、今はテキサス州の下院補選に共和党候補として出馬を狙うセリー・キムが、中国からの移民の入国を拒絶すべきだと述べて物議を醸している。自分は韓国系だから、こうした発言をしても許される――そんな主張も行った。

キムは3月31日に行われた政治集会で、中国からの移民は新型コロナウイルスを持ち込む可能性があるため、アメリカへの入国を認めるべきではないと述べた。こうした主張は、アメリカでアジア系への差別が深刻化している原因とも言われている。

ダラス・モーニング・ポストによれば、キムは集会で中国からの移民について「ここ(アメリカ)にいて欲しくない。彼らはわが国の知的財産を盗み、コロナウイルスを持ち込み、やったことの責任も取らない」と述べたという。

またキムは「正直なところ、私は韓国系だからこういうことも言える」と語ったという。

本誌の取材に対しキムは「リベラル系メディアが私をアジア系アメリカ人に対する(人種的な)憎悪のシンボルに仕立てようとしていることにショックを受けている。中国共産党に異議を唱えたというだけで、アジア系で移民の私に反アジア系、反移民のレッテルを貼ろうとするなんて」と回答した。

アジア系への暴力事件増加も否定

キムは韓国生まれで、子供の頃に家族とともにアメリカに移住、一家はテキサス州に定住した。2月にテキサス州選出の共和党の下院議員が新型コロナウイルス感染症で死去したため、補欠選挙に立候補しようと同党からはキムを含む11人が名乗りを上げている。

キムはまた、アジア系アメリカ人を狙った暴力事件は以前からあり、最近メディアが報道するようになって目立っているだけだと主張した。

「今の最大の違いは、みんなが動画を撮っていて、メディアがそれを報道する選択をしているということだ」とキムはダラス・モーニング・ニュースに語った。「アジア系は常に暴力に直面してきた。以前よりもひどくなったわけではない」

「私はアジア系アメリカ人で、これまで差別を感じたことはない。中国が実際に生み出した問題について、対中非難の声を上げているからだ」とキムは集会で述べた。

アメリカでは、アジア系アメリカ人に対する襲撃や脅迫といった事件が増えている。先月にはアトランタで、アジア系女性6人を含む8人が射殺される事件も起きた。

先月、カリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校ヘイト過激主義研究センターが発表した研究によれば、アジア系を標的にしたヘイトクライム(憎悪犯罪)は2019年から2020年にかけて145%増加した。

ニュース速報

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

ビジネス

焦点:政策正常化へ先行する複数の中銀、米テーパリン

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 6

    日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 7

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 8

    アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 2

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月