最新記事

メーガン妃

「メーガン妃は英王室に核爆弾並みのスキャンダルを投下した」──英名物司会者

Piers Morgan Op-Ed Claims Meghan Markle Sent 'Racially Charged U.S. Into a Tailspin'

2021年3月29日(月)18時45分
イワン・パーマー
メーガン妃

名物司会者はメーガン妃を「腹黒い」「野心満々の」女優と呼んだ Paul Edwards/REUTERS

<インタビュー番組のメーガン妃の発言を酷評して番組を降板した司会者が、人種差別にとりわけ敏感な時期のアメリカのテレビ番組に出演したのは王室を陥れるためだったと主張>

CBSのオプラ・ウィンフリーの番組で英王室を非難する暴露話を披露したメーガン妃を酷評した英テレビ司会者ピアーズ・モーガンが、大衆紙のコラム記事で、再びメーガン妃を批判した。「人種差別問題で荒れるアメリカで、怒りの炎に油を注いだ」と述べた。

モーガンが寄稿したのは、イギリスの大衆紙メール・オン・サンデー。7000語に及ぶ論評で、モーガンは、ヘンリー王子とメーガン妃のインタビューが放映された後の日々を語った。モーガンはこのインタビューの発言がきっかけで、自分の番組から降板した。メール・オン・サンデーの親会社もプライバシー侵害でメーガン妃に訴えられ、敗訴している。

モーガンは、メーガンを「腹黒い」「野心満々の」女優と非難し、息子のアーチーが肌の色のために王子の称号を与えられなかったという彼女の主張は「人騒がせな憶測」だと一蹴した。

彼はまた、イギリスの報道機関からひどく批判されてきたのは、メーガン妃よりも故ダイアナ元妃を含む王室メンバーのほうだと書いた。

メーガン妃を批判したことでモーガン自身も激しく批判され、家族とともに殺害の脅迫を受けたことも明かした。

人種差別は本当か?

「サセックス公爵夫人(メーガン)は王室のど真ん中に核爆弾並みのスキャンダル爆弾を投下した」と、モーガンは書いた。

「夫妻の息子アーチーに対して王室が人種差別的な扱いをしたという衝撃的な主張と、メーガンが自殺を考え、治療を受けたいと頼んだときに、王室の名を傷つけるからという理由で王室の職員が拒否したという申し立ては、あまりにも煽情的で、イギリスの君主制に取り返しのつかない損害を与える可能性がある」

「だがそれは本当のことだったのか? インタビューが続くにつれ、私は信じられなくなった」

モーガンは、ハリー王子とメーガンの長子であるアーチーが、有色人種の血を引いているがゆえに王子の称号を与えられなかった可能性があるという話を「まったくのナンセンス」と表現した。

メーガンはオプラに、王室の誰かが生まれてくる子供の肌の色について「懸念」を表明したと語った。「同じ頃、息子には警備を提供できない、王子の称号も与えられない、と告げられ、さらに生まれた子供の肌の色の濃さを懸念する会話があった」とも語った。

だが、もともとアーチーの立場の者には自動的に王子の称号が与えられるわけではない、とモーガンは指摘する。エリザベス女王のひ孫であっても、ウィリアム王子の子供たちのように、王位継承者の直系の子孫でないかぎり、王子の称号は与えられない。

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月