最新記事

未来予測

2100年には1年の半分が夏に

2021年3月31日(水)19時33分
松丸さとみ

熱波や山火事、暴風などが頻繁に起きるようになる...... image2roman-iStock

<中国科学院南海海洋研究所の研究によると、1年のうち約半分である166日は夏になるという...... >

夏は長く暑く、冬は短く暖かく

地球温暖化に対して何もしなければ、2100年までに北半球では1年の半分が夏になる──こんな研究がこのほど明らかになった。研究結果は、アメリカ地球物理学連合(AGU)発行の地球科学誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズに掲載された。

ここ数年、春になったと思ったらあっという間に夏が来て、秋もすぐに終わってしまう...という感覚はないだろうか?これは単なる気のせいではないようだ。研究者らは、地球温暖化が原因で、夏はより長く暑く、冬はより暖かく短くなっているとしている。

この研究を行ったのは、中国科学院南海海洋研究所のグアン・ユーピン博士率いるチームだ。博士らは、1952年から2011年における、北半球の中緯度での四季の移り変わりを調べた。

その結果、この60年弱の間に、夏の長さが78日から95日に増えた一方で、春は124日から115日、秋は87日から82日、冬は76日から73日へとそれぞれ短くなった。なお、気温の高さが上位25%になった最初の日を夏の始まりとし、気温の低い上位25%が始まった日を冬の始まりと定義したという。

四季の長さの変化がもっとも顕著だったのは、地中海地方だった。また、チベット高原とチベット西域も大きな変化がみられた。

こうした季節の変化の原因は主に、温室効果ガスの排出などによる地球温暖化だ。

グアン博士らは、この数値を使ってさらに、もしこのまま何も解決に取り組まずに行った場合、2100年までに季節がどう変わっていくかを調べた。その結果、春と夏の到来は2011年と比べ1カ月ほど早くなり、秋と冬は1カ月ほど遅くなるであろうことが分かった。1年のうち約半分である166日は夏になり、冬は31日で終わることになる。

花粉症の悪化、感染症を媒介する蚊が北上など

研究者らは論文の中で、こうした季節の変化により、人間の健康が影響を受ける他、自然環境や農作物にも影響すると述べている。さらに、夏が暑く、長くなると、熱波や山火事、暴風などが頻繁に起きるようになるため、これまでの災害対策を調整する必要が出てくるという。

また、デング熱などウイルスの媒介となる蚊が北上し、現在は主に熱帯地域にみられるウイルス性の感染症が、これまで発生したことがなかったような地域で流行する可能性もある。論文ではさらに、花粉症の原因となる植物の生育期が長くなることから、花粉症の季節が長くなると予測している。

グアン博士は米CNNに対し、季節の変化により季節風の時期も変わると指摘。つまりは季節風がもたらす雨もまた変わることになるが、雨季の変化が、農作物の成長と合わない可能性もあるという。

オハイオ州にあるケント州立大学の気候科学者スコット・シェリダン教授(グアン博士らの研究には関わっていない)は米NBCニュースに対し、季節の変化にすべてが完ぺきに合わせられるわけではないと説明する。

「地表から生える花を例にすると、こうした花は開花することができても、授粉する蜂がいないかもしれないし、蜂の活動期のピークは過ぎているかもしれない」とシェリダン教授は話す。

こうした季節の変化による農業への連鎖反応については、グアン博士らも、研究論文の中で懸念を示しており、農業管理のための政策も必要になってくると予測している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「脱成長」理論に脚光、気候変動加速でタブ

ワールド

アングル:タリバン政権発足から1年、自由失った女性

ワールド

米下院、「インフレ抑制法案」を可決 バイデン氏署名

ワールド

ウクライナ軍、ロシア制圧域の供給路攻撃可能 弾薬庫

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 7

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 8

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 9

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 10

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 6

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月