最新記事

アメリカ社会

トランプ支持する極右「プラウド・ボーイズ」リーダー、麻薬取引などの捜査協力者だった

2021年1月28日(木)17時46分

米国社会を最近騒がせている白人至上主義の極右団体「プラウド・ボーイズ」のリーダー、エンリケ・タリオ氏(写真)は、2012年に詐欺罪で捕まった後、連邦や地元の捜査当局の有能な情報提供者として多くの「手柄」を立てた過去があった――。米ワシントンで2020年11月、米大統領選結果に対する抗議集会の現場で撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay )

米国社会を最近騒がせている白人至上主義の極右団体「プラウド・ボーイズ」のリーダー、エンリケ・タリオ氏(36)は、2012年に詐欺罪で捕まった後、連邦や地元の捜査当局の有能な情報提供者として多くの「手柄」を立てた過去があった――。元検察官の証言やロイターが入手した2014年の連邦裁判所の公判記録で、こうした事実が明らかになった。

フロリダ州マイアミでのタリオ氏の公判では、検察官や米連邦捜査局(FBI)捜査官、タリオ氏の弁護士らが口をそろえて、同氏が幾度も潜入調査に携わり、薬物取引から賭博、密入国あっせんまで様々な事件で当局が13人を訴追する手助けをしたと述べていた。

タリオ氏は26日、ロイターの取材に対してこれを否定。公判記録について質問すると「そんなものは知らない。何も思い出せない」とけんもほろろだった。

しかし、司法関係者の証言やこの文書の内容は、タリオ氏の主張と正反対だ。タリオ氏の事件を担当した元連邦検事のバネッサ・シン・ジョアンズ氏は書面を通じてロイターに、タリオ氏がマイアミのマリフアナ栽培施設から医薬品詐欺に至るまで、さまざまな犯罪組織を訴追につなげるため、地元や連邦政府の法執行機関に協力したと認めた。

プラウド・ボーイズは、彼らが「アンティファ(反ファシズム運動)」と信じる極左勢力に対抗するために結成され、今月6日の連邦議会議事堂襲撃占拠に関与したことでも有名。そのリーダーで法執行機関から徹底的に監視されているタリオ氏が、実は以前に刑事犯罪摘発に力を貸していたというのだから、驚きを禁じ得ない。

議会襲撃2日前に武器準備しワシントン入りして拘束

議事堂襲撃事件の2日前、首都ワシントンに乗り込んだタリオ氏は当地の警察に拘束された。高性能ライフルの弾倉を2つ所持していたことと、昨年12月にトランプ前大統領支持者が行ったデモのさなかに「黒人の命は大事(BLM)」運動の旗を燃やした罪に問われたためだ。ワシントンの裁判所は襲撃事件前に、タリオ氏に市内からの退去を命じていた。

その結果、タリオ氏自身は襲撃事件に参加しなかった。しかし、プラウドのメンバー少なくとも5人が暴動参加で訴追されている。FBIはこれまでに、事件に先立ってタリオ氏を拘束したのは、6日の議事堂での政治的行事をにらんだ予防措置だったとしていた。

これほど物騒なタリオ氏が、法執行機関と関係があったという別の顔を見せたのが14年の公判記録だった。当時の公判で、担当検事とタリオ氏の弁護士がともに判事に対して、他の2人の被告とともに刑期を短くしてほしいと嘆願。タリオ氏らは、糖尿病検査キットの盗品の販売とラベル付け替えの詐欺行為を認めていた。

担当検事は刑を軽くする要求の理由として、タリオ氏がもたらした情報のおかげで、2つの事件で計13人を連邦法で訴追できたことなどを説明した。タリオ氏の弁護士を務めたジェフリー・フェイラー氏も法廷で、タリオ氏がさまざまな事件で潜入調査を行い、多くの訴追につなげた協力者だったと強調。

一例として、密入国捜査でタリオ氏が自ら危険を冒して組織と接触し、架空の家族を米国に密入国させるのに1万1000ドルを支払う取引を持ちかけ、摘発に結びつけたと弁論した。このほどフェイラー氏に取材すると、当時の裁判の詳細は覚えていないとしながらも「私は法執行機関と検察が与えてくれた情報に基づき、法廷で情報提供した」と話した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

ビジネス

ステランティス、イリノイ州工場を無期限停止 EVコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月