最新記事

感染症対策

韓国、ハイテクからデコ盛りまでコロナ禍で生まれた個性派マスクたち

2020年12月25日(金)21時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

 

韓国の超エリート大学KAISTが発表したコミュニケーションができるマスク「マスクリーン」 MAKinteract / YouTube

<マスクをする人など皆無だった韓国も、コロナ禍の今年はマスクが日常的なものになり、さまざまなバリエーションが誕生した>

新型コロナウィルスの世界的感染拡大により、マスクの着用が当たり前の生活となった。日本のように日常的にマスクを着ける人が多い国以外の諸外国も、今ではマスクを手放せない生活を送っている。

人々は着用に慣れてくると、より快適な素材で、より効果があるマスクを開発し始め、さらには別の機能まで搭載させたハイテクマスクまで開発し始めている。

今回は、コロナ対策で数々のアイディアを生み出し、海外から注目を集めた韓国のさまざまなマスクを紹介しよう。

KAISTといえば、世界の大学ランキングで常に上位にランクインするほどの科学技術の超エリート国立大学だ。さまざまな研究や発明が発表されているが、今回このKAISTの研究チームがハイテク技術搭載マスクを発表し話題となった。「マスクリーン」と呼ばれるこのマスクは、着用時の短所である「口元の表情が読み取れない」問題を解決してくれる。

一見普通のマスクのように見えるが、内側には光センサーが内蔵されていて、光を反射させ唇の動きや顔の表情を感知する。そして、その顔の動きは、ドットの絵となってマスクの外側に付いているLEDディスプレイに反映される仕組みだ。

LEDで口の形や翻訳文まで表示するマスク

LEDにはドットの組み合わせで「笑顔」「笑い」「悲しい」「怒り」「驚き」などの口の形になって表される。まだ細かい表現まで表示することは難しく、例えば「Fear(恐れ)」と「Inrage(怒り)」の口の区別はあいまいだが、今後さらに開発が進めば、もっと細かな表現がマスク上に再現されることとなるだろう。

そして、この「マスクリーン」に注目が集まっているもう一つの理由が、翻訳機能である。マスク内に搭載された小さなマイクが音声を拾い、GoogleクラウドAPIを利用して翻訳し、なんとマスクのLEDディスプレイに表示してくれる。翻訳言語は、韓国語はもちろん日本語、英語、中国語、トルコ語など多言語での翻訳が可能だという。

これがスムーズに活用できるようになれば、聴覚障がい者の人々にも役立てることもできそうだ。手話や筆記以外に、口の動きを見て読み取る口話技術で生活している人も多いが、マスクは口元を隠してしまうため口の動きが見えないという難点があった。

また、翻訳機能の性能がもっとアップすれば、近い将来外国語が喋れなくても、マスク一つを着用していれば知らない国へ旅行も夢ではない。さまざまな可能性が広がる近未来マスクである。

ニュース速報

ワールド

高齢者へのワクチン接種開始、早くて4月1日から=河

ワールド

北京市、新型コロナ対策を強化 春節や全人代を控え

ワールド

インド国産コロナワクチン、英国型変異種にも有効の可

ビジネス

ロンドン金融街、EU市場へのアクセスなくても繁栄へ

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月