最新記事

事件

フィリピン、ベテランジャーナリストが銃撃受け即死 ドゥテルテ政権下で19人目

2020年11月13日(金)17時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

正体不明の男性らによる銃撃を受け死亡したジャーナリスト、バージリオ・マガネス氏 GMA News / YouTube

<麻薬犯罪に対して超法規的殺人など強硬な対策をとるドゥテルテ。その政治手法を批判するメディア関係者に身の危険が──>

フィリピンのルソン島パンガシナン州で10日、地元ラジオ局でコメンテーターを務めるジャーナリストが正体不明の男性らによる銃撃を受けて死亡する事件が起きた。

フィリピンではドゥテルテ政権に批判的な記者やジャーナリストが襲撃されたり、殺害されたりする事件や不当逮捕、訴追さらにテレビ局が免許失効に追い込まれるなどマスコミへの逆風が強まっている。

フィリピンの主要メディアが報じたところによると10日午前6時半過ぎ、ルソン島中部イロコス地方パンガシナン州ビリャシスにある自宅をバージリオ・マガネス氏(62)が出たところ、バイクに乗った正体不明の男性2人組から突然銃撃を受けた。

マガネス氏は頭部と体に複数の銃弾を受けほぼ即死状態だったという。2人組はそのままバイクで逃走し、これまで犯人の正体も動機も明らかになっていないと伝えている。

数年前にも襲われていた

マガネス氏は地元コミュニティーラジオ局「dwPR」のコメンテーターを務めるとともに週刊誌「ノーザン・ウォッチ」に約11年にわたりコラムを書き続けているベテランのジャーナリストだった。

事件の捜査にあたる地元警察やフィリピン記者組合などによるとマガネス氏は2016年11月8日にもトライシクル(バイクタクシー)に乗って仕事に向かう途中、ダグパン市で正体不明の2人組が乗ったバイクから銃撃を受けて負傷していた。

この時マガネス氏はとっさの機転で死んだふりをして助かったが、襲撃犯は現在まで逮捕されておらず、襲撃された理由もはっきりしなかったという。

ただ現場には犯人が残したメモらしきものがあり、そこには「麻薬売人の真似をするな」と書かれていた。このため麻薬絡みの襲撃ともみられたが、マガネス氏は麻薬とは無関係であり、警察は「捜査を攪乱するものに過ぎない」との見方を示していたという。

反ドゥテルテの論陣が原因か

マガネス氏が所属しているフィリピン記者組合はドゥテルテ大統領の麻薬対策、南シナ海問題、コロナウイルス感染防止策、そしてマスコミへの統制などに厳しい論調の記者が主にメンバーとして所属、活動していることから、マガネス氏の日頃の論評活動が事件に関連しているとの見方が強まっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中