最新記事

米中対立

米中衝突が生むアジアの新たなパワーバランス

US-China Geopolitical Battle for Asia Shapes New Power Dynamic for Region

2020年10月26日(月)17時57分
トム・オコナー、ナビード・ジャマリ

南シナ海で監視活動にあたる日米豪の軍艦(10月20日) U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Markus Castaneda

<中国の台頭への強い不安が地域の国々そしてアメリカをつなぐ接着剤になっている>

近年、アジアにおける影響力を拡大してきたアメリカと中国は今まさに、この地域を巡る勢力争いのまっただ中にいる。アメリカのドナルド・トランプ大統領はオーストラリアやインド、日本と言った国々とのパートナーシップをさらに発展させ、この争いで優位に立とうとしている。

トランプの大胆なアプローチはチャンスでもありリスクでもある。

米大統領選の投票日を半月後に控え、トランプはもちろん民主党のジョー・バイデン候補側も、外交政策と言えば取り上げるのはインド太平洋地域における地政学的闘争ばかり。「クアッド」と呼ばれる日米豪印戦略対話に参加する国々の関心も同様だ。いずれも中国との間で問題を抱えつつ、恭順も対立の激化も望んでいない国々だ。

以前からあったクアッドに新たな命が吹き込まれたのはトランプ政権下の2017年のこと。以来、正式な軍事同盟があからさまに関与するという形ではなく、非公式な形で中国に対抗する力となってきた。

メアリー・ワシントン大学のジェーソン・デービッドソン教授(政治学・国際問題)は「クアッド創設以降、最も基本的な流れとなっているのが独断的な行動を強める中国の台頭だ」と語る。

米ソ冷戦との違いは経済の相互依存性の強さ

デービッドソンによれば、南シナ海や台湾に対し中国が主権を主張しているといった問題は直接にはクアッドに影響を与えていないものの、まったくないというわけでもない。直接に関わっているのは、日豪印がそれぞれ抱えるやっかいな対中問題だ。日本は尖閣諸島をめぐる領有問題を抱えているし、オーストラリアでは中国によるスパイ活動や政治への違法な影響力行使の疑惑が持ち上がっており、インドは中国との国境紛争で死者も出ている。

デービッドソンは現在の状況は、かつての米ソの冷戦に部分的にだが似ていると語る。

「今日の世界には、冷戦初期と似た面がいくつかある。2つの大国が互いを脅威と見なしている点がそうだ」とデービッドソンは本誌に述べた。「そうした状況は、(軍事)同盟の結成につながる傾向がある。大国はより小さな国々を自分の勢力圏内に置きたいと考え、小さい国々の側も保護を求めているからだ」

だが少なくとも1つ、根本的な違いがある。それは米中が経済的に強い相互依存の関係にあるということだ。

「米中間の経済関係の強さも、冷戦中の米ソ関係とは異なる点だ」とデービッドソンは言う。「これは米中両国ともに、国内には平和的関係を望む強い勢力を抱えていることを意味する」

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月