最新記事

中東

イランを追い込むトランプ式の和平「包囲網」

A Nightmare for Iran

2020年9月26日(土)14時00分
メイサム・ビーラベシュ(政治学者)、ハミドレザ・アジジ(中東研究者)

イスラエルのプレゼンスが地域安全保障を置き換える(ホルムズ海峡での軍事演習について説明するイラン海軍司令官、11年12月) Hamed Jafarnejad/Fars News/REUTERS

<UAEに続きバーレーンもイスラエルと国交を樹立――核心的利益を守る「自然の要塞」に亀裂が入り、戦略的奥行きを失うイランが暴発する日>

イスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンが国交正常化の合意文書に署名する式典は9月15日にホワイトハウスで行われたが、世界が「歴史的瞬間」を目の当たりにしたのはこれに先立つ8月13日──ドナルド・トランプ米大統領がUAEとイスラエルの国交正常化を取り決めた「アブラハム合意」成立を発表したときである。

新たにバーレーンも加わったこの合意は、大統領選を控えたトランプにとっては大いにアピールすべき「外交上の成果」でも、イランにとっては重大な脅威にほかならない。

イスラエルとUAEが国交を結んだ翌日、イラン外務省はこの合意を「パレスチナの人々に剣を突き刺す行為」と非難した。その翌日にはイラン革命防衛隊が、合意は「歴史的な愚行」であり、UAEは「危険な未来」に直面することになると警告を発した。

イランのハサン・ロウハニ大統領も「イスラエルがこの地域に踏み込むことを許すなら、(UAEは)別の扱いを受けることになる」と警告。これに対しUAEは、首都アブダビに駐在するイランの代理大使を呼びつけて、ロウハニの「脅迫」まがいの「緊張をあおる」発言に抗議した。

イラン軍の制服組トップ、モハマド・バゲリ参謀総長も非難の大合唱に加わり、イランの対UAE政策は「根底的な転換」が必要だと主張した。

イラン指導層の怒りの大合唱の総仕上げは、最高指導者アリ・ハメネイ師が9月1日に行ったテレビ演説だ。「パレスチナ問題を忘却の淵に追い込み、イスラエルがこの地域に踏み込むのを許した」UAEの決定は「イスラム世界、アラブ諸国、周辺諸国、そしてパレスチナに対する裏切り」だと、断罪した。

折しもその前日には、イスラエルからサウジアラビア領空を通過してアブダビに向かう直行便が運航を開始。初のフライトにはイスラエル高官と共に、ハメネイが「トランプ一家のあのユダヤ人」と呼ぶ人物、つまりトランプの娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナーが搭乗していた。

制裁逃れも難しくなる

イランはなぜトランプ式「中東和平」に猛反発するのか。地図を見れば一目瞭然だ。この合意により、イスラエルはイランの目と鼻の先に「足場」を築けることになる。

1979年の革命で現体制が発足して以来、イランの指導層はパレスチナをめぐるイスラエルとアラブ諸国の対立を政治的に利用し、「大悪魔」アメリカとその盟友イスラエルを思想的にこき下ろす中傷キャンペーンを展開してきた。

ニュース速報

ワールド

米大統領選の結果にかかわらず、北朝鮮などに米国と対

ワールド

米フィラデルフィア、黒人男性射殺受け緊張続く 再び

ワールド

温室ガス削減、再エネ・原子力含めあらゆる選択肢検討

ビジネス

公取委、携帯電話市場のフォローアップ調査を実施へ 

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 8

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 9

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 10

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月