最新記事

朝鮮半島

謝罪したのに領海での遺体捜索は許さないと北朝鮮、韓国は船39隻・航空機6機を投入

North Korea Warns South Away from Waters amid Search for Killed Official

2020年9月29日(火)18時05分
デービッド・ブレナン

南北朝鮮の軍事境界線、板門店で韓国側を監視する北朝鮮の兵士(9月16日) Korea Pool/REUTERS

<北朝鮮はフロートを焼却したのか、それとも射殺した男をフロートごと焼却したのか、うやむやでは治らない韓国人の怒り>

北朝鮮は9月27日、同国の領海で射殺された韓国政府職員の遺体捜索を行う韓国に対し、領海に入らないよう警告した。

韓国の海洋水産省に所属するその男性職員は、9月24日、北朝鮮側の海域を漂流しているところを同国軍に発見されて射殺されたと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。職員の氏名は公表されていないが、南北軍事境界線近くの海域で漁船の監視船で働いていたという。

韓国軍は、男性職員を射殺したあとに遺体を焼いたとして北朝鮮軍を非難したが、北朝鮮はこれを否定している。韓国は現在、現場付近で男性の遺体を捜索中だ。

北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信が9月27日に報じたところによると、北朝鮮政府は声明を発表し、韓国による捜索活動は南北の緊張をさらに高めかねないと警告している。

朝鮮中央通信によれば、北朝鮮政府は声明で、「われわれはいかなる領海侵犯をも許さない。韓国に対して真剣に警告する」と述べた。「韓国に対し、西海(黄海)の軍事境界線を越えて北朝鮮側に侵入することを直ちにやめるよう求める。そうした行為は緊張を高めかねない」

「別の恐ろしい事態を招くぞ」

北朝鮮側は、韓国による捜索活動は「われわれのしかるべき警戒心をかき立て、別の恐ろしい事態を招く可能性がある」と警告を発した。韓国の朝鮮日報によると韓国当局は、行方不明になっている男性職員の捜索活動に船舶39隻と航空機6機を投じているという。

男性職員の殺害を受け、北朝鮮の朝鮮労働党委員長である金正恩は異例の謝罪を行った。韓国大統領府の国家安保室長、徐薫(ソ・フン)の発表によると、金は事件について「大変申し訳ない」と伝えたとされている。

金は9月25日、韓国の文在寅大統領に親書を送り、銃撃は「予想外」であり「遺憾」だと述べた。

AP通信が報じた通知文の説明によると、北朝鮮軍は、「浮遊用の器具(フロート)」につかまって漂流している男性を発見した。しかし、質問に答えようとしなかったため空砲を発砲。その後、逃げようとした男性に向けて実弾を10発射撃したという。

北朝鮮側は、発砲後に軍がフロートに近づいたところ、血痕はあったものの、男性の姿は確認できなかったとしている。そのうえで、自国の定める新型コロナウイルス安全対策に従い、そのフロートを焼却したという。

ニュース速報

ワールド

米とメキシコ、移民対策で協力へ 汚職撲滅や経済支援

ビジネス

中国通信3社、NY証取が上場廃止へ 米投資規制で

ワールド

エルサレムでイスラエル警察とパレスチナ人が衝突、2

ワールド

バンクーバー国際空港で発砲、少なくとも1人死亡=地

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月