最新記事

2020米大統領選

副大統領候補ハリスが歩み始めた大統領への道 バイデンが期待する次世代政治家の「力」

Harris to Be a Powerful Veep

2020年8月18日(火)19時30分
マイケル・ハーシュ

おそろいのマスク姿で2人での初演説に臨んだバイデンとハリス(右) DREW ANGERER/GETTY IMAGES

<民主党のバイデンから副大統領候補に指名されたカマラ・ハリスとは何者? 2人はオバマ&バイデンのような最強コンビになれるのか>

選挙の荒波を乗り越えて、民主党の正副大統領候補コンビが運よくホワイトハウスにたどり着いたとしよう。そのときカマラ・ハリス上院議員はどんな副大統領になるか。「黒人とインド人の血を引く女性として初」という点を除けば何の特徴もない退屈な副大統領になるだろうか。筆者は、そうは思わない。

なにしろ主役のジョー・バイデン自身、バラク・オバマの下で8年間、副大統領としては異例な影響力を行使してきた男。ハリスにも同等な役割を期待するとみていい。

もちろん互いの立場は異なる。大統領に就任した2009年1月当時のオバマは上院議員を1期務めただけで、外交経験はほとんどゼロ。当然のことながら外交面ではバイデンに頼る場面が多かった。2010年に取材したとき、バイデンは筆者に言ったものだ。ここまで多くの政策について自分に采配を「任せてくれる」とは思わなかったと。

就任間もない時期のある会合で、オバマは不意に押し黙り、こう言ったという。「イラクのことはジョー(・バイデン)が仕切る。ジョーは誰よりもイラクをよく知っている」。そして金融危機後のアメリカ経済を再建するための特別法についても、議会対策を「私に委ねた」とバイデンは語っている。

もちろんオバマがバイデンの言いなりだったわけではない。アフガニスタン駐留米軍の大幅削減やウサマ・ビンラディン殺害(2011年)ではバイデンの反対を押し切った。それでも再選を目指す2012年の選挙戦でバイデンが言ったとおり、「執務室に最後まで残って大統領と2人きりになる」のはいつもバイデンだった。

大統領と会う時間の長さで権力の重さが測られる首都ワシントンでは、これは重要な要素だ。当時の政権中枢にいた人々によれば、バイデンは国家安全保障チームとの会合が終わってからも大統領執務室に残り、次の経済チームが入室するまで2人きりで議論していたという。

ただしバイデンとハリスがそこまでの信頼関係を築くには多少の時間が必要だろう。民主党の予備選に名乗りを上げていたハリスは当初、人種問題などでバイデンを厳しく批判していた。

しかもハリスが経験の浅い1期目の上院議員であるのに対し、バイデンは半世紀近いキャリアを誇る議会政治の超ベテラン。それでも彼はハリスに、オバマ政権時代の自分が果たしたような役割を与えるだろうか。疑問は残るが、あるバイデン側近は筆者にメールで「疑問の余地なく、イエス」だと伝えてきた。

2024年の大統領?

かつて上院外交委員会を率いていたバイデンは、こと外交に関する限り百戦錬磨の猛者だ。自分が大統領になれば、現職ドナルド・トランプがアメリカの同盟諸国や国際機関との関係に与えてきた甚大なダメージを修復するために尽力すると、一貫して主張している。トランプが離脱に踏み切ったイラン核合意や地球温暖化対策の国際的な枠組である「パリ協定」についても、路線を転換して復帰を模索することだろう。

【関連記事】パックン予測:カマラ・ハリスは2024年のアメリカ大統領になる!
【関連記事】バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

ニュース速報

ワールド

韓国大統領、処理水放出決定で国際海洋法裁判所への提

ビジネス

経済・物価、コロナの影響などで引き続き下振れリスク

ワールド

ミャンマー民主活動家、新年の連休に象徴的な抵抗呼び

ビジネス

独連邦裁、VWにディーゼル車をローンで購入した顧客

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    青色の天然着色料が発見される

  • 5

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月