最新記事

BOOKS

相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の姿勢

2020年8月14日(金)11時40分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<朝日新聞取材班による裁判員裁判の取材と植松被告との面会記録。本書を読んで特に際立っていると感じたのは、被告の偏りすぎた価値観と根拠のなさ、それに伴う思い込みの強さだ>

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」において、死傷者45人を出した大量殺傷事件が起きたのは2016年7月のこと。つまり、この夏で4年が経過したことになる。

時の経過の速さに驚かされるばかりだが、植松聖容疑者に死刑判決が言い渡されたからといって、この事件が"解決"したわけでは決してない。

被害者遺族の胸中に今も被害者への思いが残り続けていることは間違いなく、そもそも植松容疑者が「なぜ」こうした行動に至ったのか、その真意についていまだ不明確な部分も多いからだ。

今年7月に刊行された『相模原障害者殺傷事件』(朝日新聞取材班・著、朝日文庫)は、その真相に迫ったノンフィクションである。事件の1年後にまとめられた『妄信』(朝日新聞出版)の続編。

横浜地裁で今年1〜3月に行われた裁判員裁判を軸としながら、取材班による被告との面会記録を含め、朝日新聞本誌と神奈川版に掲載された記事に加筆したものだ。


 取材班にとって、裁判は隔靴掻痒(かっかそうよう)だった。断片的だが重要な事実がところどころで明らかにされるのに、検察官も弁護人も私たちが期待するほどには深く掘り下げることをせず、審理は出来事の表層をなぞるようにして進んだ。
 被告にもっと深く質問を重ねてほしい、もっと関係者を広く呼んで事実関係を明らかにしてほしいと感じた瞬間は、一度や二度ではなかった。(「まえがき」より)

しかしそれでも、知られざる多くの事実が法廷で明らかにされることにはなった。報道だけでは知り得ない、被告のさまざまな側面が見えてくるのである。

とはいえ、それでも解消できない疑問はやはり多い。そこがこの事件の厄介なところだと感じる。端的に言えば、植松被告の考え方やそれに伴う行動は、一般常識から乖離しすぎていて理解しづらいのだ。

特に際立っているのは、偏りすぎた価値観と根拠のなさ、それに伴う思い込みの強さである。

いい例が、重度障害者を「心失者」という造語で十把一絡げにしている点だ。そのことについてはたびたび報道されているが、本書に収録された取材班の問いかけに対する(自信に満ちた)答えにも、何度読み直したところで理解できない部分がある。

例えば以下は、2018年10月4日に横浜拘置支所で行われたという面会の記録である。


――「心失者」とそうでない人で分かれるのは、障害の程度の差か
 そういうことです。理性と良心を持たないのが「心失者」です
――理性と良心を持たないとは具体的にはどういうことか
 自分のことしか考えていないこと
――裁判に向けての心境は
 裁判のことは今は考えていません。いつになるとも聞いていないですし
――責任能力があると診断されたと聞いている。それについてはどう思うか
(※精神鑑定結果を踏まえ、検察が責任能力を問えると判断して起訴していた。裁判所の依頼による2度目の鑑定でも、1度目と同趣旨の結果が得られた)
 責任能力がなかったら死刑にすべきです
――つまり、「責任能力がないイコール心失者」ということか
 はい。人間じゃないから、心失者ということです(60~61ページより)

【関連記事】45人殺傷「津久井やまゆり園」植松被告が示す大量殺人犯の共通点

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエル、ガザ攻撃 ヨルダン川西岸衝突で対立再燃

ワールド

ロシア、ラトビア大使に国外退去要請

ビジネス

アメックス、23年利益見通しが予想上回る 株価8カ

ビジネス

シェブロンの22年純利益過去最高、四半期利益は予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月