最新記事

教育

公立学校の授業に感じた「悲惨さ」の正体 日本の教育スタイルはこのままでいいのか

2020年7月24日(金)12時00分
親野 智可等(教育評論家)*東洋経済オンラインからの転載

40人の子どもたちを相手に一斉授業を行う先生は、どのレベルに焦点を当てて進めればいいだろうか? xavierarnau - iStockphoto

コロナ禍をきっかけに、私たちの生活や仕事などいろいろな面で見直しが行われている。この機会に、小中学校の授業のあり方も見直す必要があると思う。なぜなら、日本でずっと行われてきた授業スタイルの"限界"が明らかになっているからだ。

コロナ禍でますます開く学力格差の問題点

日本では、1学級最大40人の児童・生徒の集団に対して、1人の先生が一斉授業を行うというスタイルが基本だ。こういった授業でいちばん問題なのが、児童・生徒たちの学力格差が非常に大きいということだ。

とくに、算数・数学の授業でそれが顕著だ。公立の小中学校の場合、同じ年齢の児童・生徒の集団とはいっても、算数・数学における学力格差は非常に大きい。例えば5年生の児童に「円の面積」を教えるとしよう。なかには、塾などで学習済みですべて完璧に理解している子もいる。一方、基礎的なかけ算やわり算さえおぼつかない子もいる。足し算や引き算さえできない子がいることもよくある。

こういった子どもたちを相手に一斉授業を行う先生は、どのレベルに焦点を当てて進めればいいだろうか? もし学力上位の子たちに焦点を当てて進めれば、当然、大多数の子を落ちこぼすことになる。だから、多くの場合、学力が「中位の下」か「下位の上」くらいのところに焦点を当てて進めることになる(「中位の下」とか「下位の上」などという言葉は好まないが、ほかに適当な表現が見当たらないので使用する)。

さて、これでも「下位の上」より学力が低い子たちには難しくて理解できない。でも、さらにレベルを下げてしまうと、時間がかかりすぎて進度が遅れることになる。すると、1年間で教科書を終わることができなくなる。だから、先生はこれらの子たちが理解していないことがわかっていても、授業を次に進めていかなければならないのだ。

これらの子たちには、その子の学力に応じた個別な指導が必要なのだ。でも、先生にはそれを行う時間がない。先生たちはつねに超多忙で、やるべきことが山のようにあり、そういう個別な指導をする時間が取れないのだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏製造業PMI、7月改定値は51.8 19年

ビジネス

コロナ収束前のGoToは歳出の無駄、消費減税は効果

ワールド

インド内相がコロナで入院、新規感染5日連続で5万人

ワールド

ベトナムでコロナ感染再拡大、中部ダナンの4工場で感

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月