最新記事

ファッション

世にも奇怪なKFCクロックスのコラボサンダルがバカ売れ

People Are Paying Over $250 For KFC Crocs That Smell Like Fried Chicken

2020年7月30日(木)20時00分
セレン・モリス

フライドチキンそっくりの飾りがついたクロックスサンダルに、人はなぜ250ドルも払うのか? KFC/CROCS

<ジョークとしか思えないフライドチキンの香りつきサンダルが即完売し高値で売買される理由>

7月28日に発売された、ケンタッキー・フライドチキン(KFC)とクロックスのコラボ商品であるチキンの香りつきサンダルは、発売から30分以内に完売した。既にネット上で4倍以上の価格で取引されている。

コラボ商品は28日の米東部時間午後12時に発売され、即完売した。価格は59.99ドルと平均的なクロックスサンダルよりもやや高めだが、ネット上での転売価格に比べれば、それでも割安に思える。

転売されているKFCクロックスの平均価格は1足あたり177ドル。オンライン市場「ストックX」ではなんと253ドルもの値がつけられているものもある。この記事の執筆時点で、ストックXでは全部で171足のKFCクロックスが売られており、その平均価格は元の価格の233.3%。最近売れたKFCクロックスには200ドルの値がついていた。フリマアプリ「ディポップ」上では1足150ドルから390ドルで売られているが、まだ1足も売れてはいないようだ。

ネットオークション大手のイーベイにも数十足が出品されている。いずれも出品価格は100ドル超で、中には240ドル以上の高値で落札されたものもあった。1足1000ドル超で転売しようとしている出品者までいるが、この価格での入札はまだない。

<参考記事>韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に
<参考記事>マスクが「必須のアクセサリー」になる時代、NYファッションショーにも登場

コリアブランド「スクート」に通じる魅力

発売後あっという間に完売し、その後何百ドルもの高値で売られていることから、ソーシャルメディア上では、自分用に欲しいと思っていた人々ではなく、ボットや転売業者が買い占めを行ったのだと不満の声が上がっている。

KFCサンダルは限定発売だったため、再販は行われない。KFCとクロックスは28日、商品の完売を受けて次のようなメッセージをツイッターに投稿した。「残念ながらKFC×クロックスのコラボサンダルは売り切れです。でも嬉しいニュースもあります。KFCでは引き続き、本物のチキンバーレルをお買い求めいただけます。本物は身に着けないようお願いします」

KFCとクロックスのコラボサンダルが最初に発表されたのは2月。ニューヨーク・ファッション・ウィークで、ソウル在住のアーティストのMLMA(Me Love Me a Lot)が厚底バージョンを披露した。その後、通常版の発売が決まった。

MLMAとKFCクロックスの厚底バージョンをフィーチャーしたイメージ動画


KFCクロックスには、両足に1つずつ、外見も香りも本物そっくりのフライドチキンのチャームがついている(もちろん食べられない)。ジョーク商品のように思えるかもしれないが、実際に何百ドルも払って手に入れたいと考えている人がいるのは確かだ。MLMAは雑誌「ペーパー」に対して、「クロックスとKFCのコラボレーションは、最先端のファッションだと思う」と語った。

「ほかとは違う、楽しくてクリエイティブなことをしているのだから。私からすると、(多国籍なコリアブランド)スクートと同じ美学がある。ルールも境界もない、できない事なんて何もない、という美学だ。楽しくて、ほかの誰も挑戦しないものは、急速に広まっていく」

【話題の記事】
・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる

20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ビジネス

中国、成長安定とリスク防止のバランス取る=人民銀総

ワールド

EU、英に決断迫る 通商協議の時間切れ迫る

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月