最新記事

朝鮮半島

ビラ散布で北朝鮮に命を狙われる脱北者・朴相学が語る

He Sends Up Balloons, and North Korea Wants Him Dead

2020年6月30日(火)15時20分
モーテン・ソエンダーガード・ラーセン

2019年2月、ソウルのアメリカ大使館前で米朝会談開催に抗議する朴相学 Kim Hong-Ji-REUTERS

<北朝鮮が南北連絡事務所を爆破する口実を作り、それでも反北朝鮮のビラ散布をやめないと言う脱北者団体代表は、北朝鮮スパイに2度、殺されかけた>

韓国・ソウル南部の駐車場に滑り込んできた黒い車から、3人の男が降りてきた。このうち2人は(外見からは分からないが)警察官で、もう1人が彼らの警護対象である朴相学(パク・サンハク)だ。脱北して現在は韓国で暮らす朴は、北朝鮮から「エネミー・ゼロ(敵0号)」などと呼ばれ敵視されている。

朴は6月中旬、とある公園でフォーリン・ポリシー誌をはじめとする海外のジャーナリストの取材に応じ、「もう2回、危うく死にかけている」と語った。1回目は2011年。ある脱北者と会おうとしたが、韓国の諜報機関から警告を受けたという。同機関がこの人物の身柄を拘束したところ、毒が仕込まれた2本のペン(1本は毒針が仕込まれており、もう1本は毒が塗られた飛翔体を発射できる仕組みになっていた)や、実弾3発を発射できる懐中電灯を隠し持っていたことが分かった。

2回目はその翌年。朴の暗殺を企てたとして、北朝鮮のスパイが逮捕された。これ以外にも、自分が狙われていると思い知らされることはあったと彼は言う。

「北朝鮮側は韓国国内にいるスパイを通じて、私のオフィスに鳩の頭やネズミを送ってくる」と彼は語った。朴が話している間、2人の警察官は、彼が座っているベンチにつながる道をふさぐように立ちはだかり、そのため日課の散歩をしていた高齢者たちは、植え込みの中を歩かなければならなかった。

米ドルを入れるポケットも

朴が北朝鮮に命を狙われるのには、理由がある。朴が率いる脱北者を中心とした活動団体「自由北韓運動連合」は、北朝鮮の体制を批判するビラを吊るしたバルーンを、北朝鮮に向けて飛ばし続けている(朴はこのバルーンを公園にも持ってきていた)。米ドル札を入れるポケットもついている軽くて透明なこれらのバルーンこそ、このところの南北間の対立の原因だ。問題は、ビラに書かれている内容にある。

「ビラには、金一族に関する真実が書かれている。そして金正恩は真実をとても恐れている。北朝鮮の人々は金正恩を神様だと思ってあがめているが、もし彼らが金についての真実を知ったら、もう金のことを神様だとは思わなくなるだろう。金が最も恐れているのはそこだ」と朴は言い、さらにこう続けた。「金一族がどれだけ止めようとしても、私はこれからも北朝鮮の人々に向けて、真実を書いた手紙を送り続ける」

朴が脱北したのは1999年だ。90年代に北朝鮮を襲った深刻な飢饉の規模について、父親がその真実を知ったことが理由だった。当局による粛清を恐れた朴は親きょうだいと共に中国に逃れ、その後、韓国に渡った。2003年には、北朝鮮に残してきた婚約者が、当局の人間によってかつての面影がなくなるほど殴られ、2人の叔父が拷問にかけられて命を落としたことを知らされた。彼は自由北韓運動連合を立ち上げ、北朝鮮の体制を批判する活動を始めた。

<参考記事>韓国の弱腰対応が北朝鮮をつけ上がらせている
<参考記事>アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、記念碑破壊を批判 「米国の歴史を抹消」

ワールド

北朝鮮、米国と対面協議の必要ない=朝鮮中央通信

ワールド

米海軍、南シナ海で軍事演習 中国への「対抗」は否定

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月