最新記事

朝鮮半島

ビラ散布で北朝鮮に命を狙われる脱北者・朴相学が語る

He Sends Up Balloons, and North Korea Wants Him Dead

2020年6月30日(火)15時20分
モーテン・ソエンダーガード・ラーセン

2019年2月、ソウルのアメリカ大使館前で米朝会談開催に抗議する朴相学 Kim Hong-Ji-REUTERS

<北朝鮮が南北連絡事務所を爆破する口実を作り、それでも反北朝鮮のビラ散布をやめないと言う脱北者団体代表は、北朝鮮スパイに2度、殺されかけた>

韓国・ソウル南部の駐車場に滑り込んできた黒い車から、3人の男が降りてきた。このうち2人は(外見からは分からないが)警察官で、もう1人が彼らの警護対象である朴相学(パク・サンハク)だ。脱北して現在は韓国で暮らす朴は、北朝鮮から「エネミー・ゼロ(敵0号)」などと呼ばれ敵視されている。

朴は6月中旬、とある公園でフォーリン・ポリシー誌をはじめとする海外のジャーナリストの取材に応じ、「もう2回、危うく死にかけている」と語った。1回目は2011年。ある脱北者と会おうとしたが、韓国の諜報機関から警告を受けたという。同機関がこの人物の身柄を拘束したところ、毒が仕込まれた2本のペン(1本は毒針が仕込まれており、もう1本は毒が塗られた飛翔体を発射できる仕組みになっていた)や、実弾3発を発射できる懐中電灯を隠し持っていたことが分かった。

2回目はその翌年。朴の暗殺を企てたとして、北朝鮮のスパイが逮捕された。これ以外にも、自分が狙われていると思い知らされることはあったと彼は言う。

「北朝鮮側は韓国国内にいるスパイを通じて、私のオフィスに鳩の頭やネズミを送ってくる」と彼は語った。朴が話している間、2人の警察官は、彼が座っているベンチにつながる道をふさぐように立ちはだかり、そのため日課の散歩をしていた高齢者たちは、植え込みの中を歩かなければならなかった。

米ドルを入れるポケットも

朴が北朝鮮に命を狙われるのには、理由がある。朴が率いる脱北者を中心とした活動団体「自由北韓運動連合」は、北朝鮮の体制を批判するビラを吊るしたバルーンを、北朝鮮に向けて飛ばし続けている(朴はこのバルーンを公園にも持ってきていた)。米ドル札を入れるポケットもついている軽くて透明なこれらのバルーンこそ、このところの南北間の対立の原因だ。問題は、ビラに書かれている内容にある。

「ビラには、金一族に関する真実が書かれている。そして金正恩は真実をとても恐れている。北朝鮮の人々は金正恩を神様だと思ってあがめているが、もし彼らが金についての真実を知ったら、もう金のことを神様だとは思わなくなるだろう。金が最も恐れているのはそこだ」と朴は言い、さらにこう続けた。「金一族がどれだけ止めようとしても、私はこれからも北朝鮮の人々に向けて、真実を書いた手紙を送り続ける」

朴が脱北したのは1999年だ。90年代に北朝鮮を襲った深刻な飢饉の規模について、父親がその真実を知ったことが理由だった。当局による粛清を恐れた朴は親きょうだいと共に中国に逃れ、その後、韓国に渡った。2003年には、北朝鮮に残してきた婚約者が、当局の人間によってかつての面影がなくなるほど殴られ、2人の叔父が拷問にかけられて命を落としたことを知らされた。彼は自由北韓運動連合を立ち上げ、北朝鮮の体制を批判する活動を始めた。

<参考記事>韓国の弱腰対応が北朝鮮をつけ上がらせている
<参考記事>アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

ニュース速報

ビジネス

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な

ワールド

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者593

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月