最新記事

マスク

マスク着用時の激しい運動はなぜ危険なのか

2020年6月18日(木)17時04分
松岡由希子

めまいや頭痛など高山病の症状を引き起こす可能性がある ...... LightFieldStudios-iStock

<英ハートフォードシャー大学の研究によると、マスクをしたまま激しい運動をすると、めまいや頭痛など高山病の症状を引き起こす可能性があるという ......>

スポーツ界では、新型コロナウイルスからの感染予防策を講じながら試合やトレーニングを安全に再開するための対策が模索されている。運動をすると呼吸が速まり、激しくなって、周囲の人々に感染症を移すリスクが高まるためだ。

イングランドのプレミアリーグでは、感染予防策として、サッカー選手にマスクまたはスヌードの着用の義務づけを検討している。また、アディダスアンダーアーマーといったスポーツ用品メーカーでは、通気性にも配慮したマスクを相次いで発売している。

高地トレーニングに似た低酸素環境になり、高山病の症状を引き起こす

しかし、言うまでもなく、マスクは通気を妨げる。ラグビーやサッカーのように空気消費量が毎分40〜100リットルの激しい運動をすると、筋肉で乳酸が産出され、これが二酸化炭素に分解されて呼吸により排出されるが、これらの二酸化炭素がマスクの内側に溜まると、再びこれを吸い込んでしまい、認知機能の低下や呼吸速度の上昇を招くおそれがある。また、マスクの内側では酸素量が減少して高地トレーニングに似た低酸素環境になり、身体により負荷をかけてしまう。

運動生理学を専門とする英ハートフォードシャー大学のリンゼイ・ボトムズ博士は、運動時のマスク着用の有無で二酸化炭素濃度や酸素濃度がどのように変化するのか、時速10キロの速度で3分間、ランニングマシンで走る実験を自ら行った。これはフェンシングの運動強度と時間に相当する。

大気中の酸素濃度は海抜0メートルで21%程度だ。フェンシング用マスクのみをかぶって走った場合、酸素濃度は19.5%と、海抜600メートルと同等であった。一方、フェンシング用マスクの下にマスクを着用して走ると、酸素濃度は、海抜1500メートル地点で運動したときと同等の約17%にまで低下した。

ボトムズ博士は「より長時間、またはより激しい運動をすれば、酸素濃度はさらに低下し、めまいや頭痛など、高山病の症状を引き起こす可能性があるだろう」との見解を示している。

強い負荷のかかる運動を避けてこまめに水分を補給すること

大気中に含まれる二酸化炭素量はごくわずかであり、フェンシング用マスクのみをかぶって走った場合も、その濃度は1%未満であった。しかし、フェンシング用マスクの下にマスクを着用して走ると、二酸化炭素濃度はその3倍の3%に上昇した。ちなみに、英安全衛生庁(HSE)では「従業員を二酸化炭素濃度1.5%の環境に15分以上さらしてはならない」との基準を定めている。

日本の厚生労働省では、新型コロナウイルス感染予防を前提とした「新しい生活様式」における熱中症予防として、マスク着用時には強い負荷のかかる運動を避けてこまめに水分を補給すること、周囲の人との距離を2メートル以上確保したうえで、適宜、マスクを外すことなどを呼びかけている。


【話題の記事】
「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリンで起きた共感のデモ
動画:「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?
マーモットの肉を食べた夫婦がペストに感染して死亡
ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことがわかった

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中