最新記事

インド

コロナ禍で疲弊したインド農家を、非情なバッタの大群が襲う

LOCUSTS PLAGUE INDIA

2020年6月12日(金)18時30分
ニータ・ラル

サバクトビバッタの大群はインド各地の農地に侵入して作物に甚大な被害をもたらしている(ラジャスタン州ジャイプール) VISHAL BHATNAGAR-NURPHOTO/GETTY IMAGES

<ただでさえコロナ禍で疲れ切っているところに作物を好き放題に食い荒らすバッタが大量発生――食と経済の安全保障が脅かされインドにとって試練の季節に>

新型コロナ危機によるロックダウン(都市封鎖)は、インドの農業にも多大な影響をもたらした。食料のサプライチェーンは機能せず、農家は人手不足に悩み、資金繰りに苦しんでいる。

だが、それだけでは手ぬるいと言わんばかりに、別の災厄が農家を襲っている。バッタだ。

いまインドの農業地帯には、バッタの大群が押し寄せている。肥沃な土地でも乾燥した地域でも、バッタの大量発生による被害が食と経済の安全保障を脅かしている。

バッタの襲来は昨年冬から、グジャラートやラジャスタン、パンジャブ、ウッタルプラデシュといった国境地帯の各州で観測され、農家と地元当局は神経をすり減らしている。雨期に入る6月には、カリフ作(雨期作)と呼ばれる米やトウモロコシ(メイズ)、キビ、大豆、落花生など、秋に収穫する作物の種をまくことになるので、懸念は強まる一方だ。

農家にとって、バッタほど厄介な昆虫はいない。たいていの作物はバッタの好物だ。大群なら、1日に約3万5000人分の食料を平らげることもある。

サバクトビバッタの寿命は平均約3カ月で、雌は一生に2〜3回産卵する。1回に産む卵は60〜80個で、多い時には150個以上になることもある。この強い繁殖力を武器にして、1平方キロの土地に4000万〜8000万匹が群れを成す。1日に100キロ以上移動することもできる。

これまでアフリカのソマリアやエチオピア、ケニア、エリトリア、ジブチなどで、バッタは牧草地や穀物畑に甚大な被害を与えてきた。タンザニアやウガンダ、南スーダンでも、トウモロコシやキビ、小麦の畑を食べ尽くした。

第2波は1兆9000億匹国連食糧農業機関(FAO)は2月、イラン南部とパキスタン南西部にバッタが大量発生する可能性があると警告していた。インド西部を含む南西アジア全域も危険にさらされる恐れがあるという予測だった。

この夏に発生するとみられる第2波は、この第1波の20倍もの被害を生むと予測されている。実に1兆9000億匹の規模になると、国連は推定している。

バッタの襲来は、インドでは新しい現象ではない。ただし普通は7〜10月の間に限られており、それほど大群にはならない。今年は4月にパキスタンとの国境地帯で予想外の発生が確認され、懸念が深まった。

各州政府はナレンドラ・モディ首相に、「国家災害」の指定を要請した。隣国のパキスタンでも今年に入って大量発生が続き、国家非常事態が宣言された。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米GDP、4─6月期6.5%成長 コロナ前の規模回

ワールド

核協議、無期限に続けることできず 「ボールはイラン

ビジネス

米失業保険申請40万件、予想ほど改善せず

ワールド

イスラエル、コロナワクチン3回目接種へ 60歳以上

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月