最新記事

人種問題

インドネシア、国家反逆容疑パプア人に禁固11カ月の判決 求刑17年がなぜ?

2020年6月19日(金)20時08分
大塚智彦(PanAsiaNews)

判決当日は支援者らが裁判所の前で無条件での釈放を求める抗議活動を行った。 REUTERS

<マイノリティに対する差別への抗議が世界的な潮流となるなか、東南アジアの大国では......>

インドネシアの東カリマンタン州バリクパパンの地方裁判所は6月17日、人種差別反対のデモなどに参加していて国家反逆罪に問われていたパプア人被告7人に対して禁固10カ月から11カ月の判決を言い渡した。同裁判では検察側が7被告に対して禁固5年~17年をそれぞれ求刑していたが、裁判官は全被告に対し求刑を大幅に下回る軽い判決を下した。

7被告の裁判を支援するとともに無罪判決での即時釈放を求めていた支援団体やパプア人組織は「無罪ではないものの極めて軽い有罪判決」に戸惑いながらも前向きの評価をする一方で「軽い実刑とはいえ有罪はやはりおかしい、無罪とするべきだ」との反発も出ており、検察側求刑よりかなり軽い判決の意図を巡って様々な観測が飛び交う事態ともなっている。

遠隔地でオンライン判決公判

2019年8月17日にジャワ島東部スラバヤ市内のパプア人大学生寮から偽情報に基づいて警察がパプア人大学生を連行する際に周辺住民や警察官などから「サル」「ブタ」など差別用語が投げかけられ、インターネットを通じてそれが瞬時に全土に拡散。以後、各地で「パプア人への差別反対」のデモや集会が起きる事態となった。

なかでもパプア州ではパプア人学生を中心に「差別反対」運動が、長年の念願である「独立の是非を問う住民投票実施」運動に変質。政治的デモが治安問題になっていき、デモ隊が警察や軍と衝突。ワメナなどでは一部でデモが暴動に発展して約40人が死亡する事態となった。

こうしたなか、学生組織や運動団体の指導者、幹部などだった7人の被告はデモを組織、扇動したとして「国家反逆罪」に問われ、逮捕されたのだ。

起訴後の裁判は「公判維持のためという治安上の理由」として7被告が逮捕されたパプア州から西に約2400キロも離れた東カリマンタン州のバリクパパンに移されて2020年2月から公判が続いていた。

17日の判決公判も折からの新型コロナウイルスの感染拡大防止策からオンラインで開廷され、その様子はネットを通じて公開された。

検察側が最も重い禁固17年を求刑した独立解放組織の指導者ブフタル・タブニ被告は判決で禁固11カ月となり、残る6被告も求刑は5年〜15年の禁固刑だったが、いずれも禁固10カ月と11カ月の判決となった。

今後、判決が確定すれば、7被告はすでに逮捕以来約9カ月間拘束されていることから未決拘留期間を算入するとあと1、2カ月で釈放されることになるという。


【話題の記事】
・東京都、新型コロナウイルス新規感染41人 6月の感染合計440人に
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・感染者・死者ともにASEAN最悪に インドネシア、新型コロナ感染拡大しても規制緩和の愚策
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物3%超下落、米積極利上げ観測で ロ産原油上

ビジネス

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

ワールド

ウクライナ、無人機でロシア深部攻撃か 原油価格は上

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月