最新記事

人種問題

インドネシア、国家反逆容疑パプア人に禁固11カ月の判決 求刑17年がなぜ?

2020年6月19日(金)20時08分
大塚智彦(PanAsiaNews)

こうしたことから被告側は「判決を受け入れて残る短期間で自由の身となるか、あくまで無罪を求めて控訴するか」という難しい選択を迫られている。

被告側の弁護士は判決から7日以内とされている控訴に関しては「控訴するかどうかはまだ決めていない、7被告とよく話し合いたい」と地元メディアに明らかにしている。

タブニ被告は判決に対して「ありがとうございます。無罪判決と同じくらいうれしい気持ちだが、よく内容を吟味したい」と話している。それというのも禁固刑の期間は極めて短期になったものの、判決では7被告の「国家反逆罪」そのものは罪状として認定されているからである。

大学での裁判批判集会への参加者拘束・尋問

こうしたなか、17日の判決を前にして裁判の不当性と7人の即時釈放を求める集会が6月15日にパプア州の州都ジャヤプラにある「ジャヤプラ科学技術大学」で開かれ、同大学の学生活動家4人が地元警察に強制連行される事態も起きた。

現地からの報道などによると、15日の集会で7被告に対する裁判の進め方などを批判していた4人が警察署に連行されて、尋問を受け、同日夜には釈放された。

ジャヤプラ警察は「なにかの事件に関係した容疑者や証人としてではなく、あくまで大学当局の要請に基づいて事実関係の確認のために同行して尋問しただけであり、逮捕ではないし穏やかに話をしただけである」と強制連行や暴力を否定している。

しかし釈放された学生らはメディアに対して「有無を言わせぬ連行で逮捕といわれ、尋問中は暴力も受けた」と訴えており、警察の主張と食い違いをみせている。

「#パプア人の命は大切だ」運動

米国で警察官による過剰制圧で黒人男性が死亡した事件をきっかけに全米に拡大している抗議デモ。ネット上では「#黒人の命は大切だ」のハッシュタグで拡散し国際的な共感を得るなか、インドネシアでも「#パプア人の命は大切だ」というハッシュタグとともに、パプア人差別問題への関心がパプア人やインドネシア人大学生などの間で高まっている(関連記事「「#パプア人の命は大切だ」 インドネシア、米黒人暴行死デモに触発される先住民差別」)。

そうした雰囲気のなかで17日の判決に向けて各地で討論会や支持の集会・デモが計画されていたが、スマトラ州南部ランプン州では7被告支援セミナーを企画していたランプン大学学生新聞スタッフに脅迫状が届く事件が発生。セミナー参加者が無言電話やネット上で脅迫されるなどの妨害工作が続き、最終的にセミナーが中止に追い込まれてしまった。


【話題の記事】
・東京都、新型コロナウイルス新規感染41人 6月の感染合計440人に
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・感染者・死者ともにASEAN最悪に インドネシア、新型コロナ感染拡大しても規制緩和の愚策
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

ニュース速報

ビジネス

キャセイ航空、上半期赤字は12.7億ドルで過去最大

ワールド

豪ビクトリア州、新型コロナ死者が過去最多 新規感染

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

ビジネス

中国第一汽車の「紅旗」、今後数年の販売目標引き上げ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月