最新記事

新型コロナウイルス

SNSで「医療関係者は国の英雄」盛り上がるインドネシア 背景に犠牲者55人という苛酷な現実

2020年5月31日(日)18時21分
大塚智彦(PanAsiaNews)

東南アジアで新型コロナの死者が一番多いインドネシア、医療スタッフも常に危険と隣り合わせだ。REUTERS/Willy Kurniawan

<新型コロナウイルスへの認識させた医療従事者の死>

インドネシアでは新型コロナウイルスの感染拡大が未だに増加しており、ジョコ・ウィドド大統領はじめ政府、地方自治体が一丸となって国民に感染拡大防止を呼びかけているが、罰則を強化したり制限を拡大したりしても規制にこだわらない国民性のゆえにかあまり実効性を伴わず、ルール無視や規制かいくぐりが毎日のニュースを賑わせている。

そんななか、「You Tube」などのネット上では医師や看護師、保健所勤務者、病院の警備員など新型コロナ対策に携わる医療関係を中心としたスタッフへの尊敬と感謝を表す動画、メッセージが溢れている。共通の言葉は「ありがとう、自らを省みない献身を続けるあなたたちは世界の英雄だ」である。

日本でも29日昼過ぎには航空自衛隊のブルーインパルスが東京上空を編隊飛行して医療従事者への感謝を示したが、インドネシアでも医療関係者への関心が高まっている。その理由の一つに院内感染による医師や看護師の死者が増えているという厳しい現実がある。

伝統的な社会規範が感染広げる?

イスラム教徒が圧倒的多数を占めるインドネシアではイスラム教優先や男尊女卑的な伝統的社会規範の中に突然沸き起こった新型コロナウイルス禍が当初は混乱を巻き起こした。

「感染はイスラムの神が与えた試練である」「熱心に祈れば感染しない」などの風説に「密閉空間、密集場所、密接場面」といういわゆる3密を避けることやマスク着用なども不要とする傾向が強かったが、3月2日にインドネシア国内で初のインドネシア人感染者が報告された。

そしてその後は感染者数、感染死者がうなぎ上りに急増するに至り、感染予防の必要性、重要性がまたたくまに国民の間に拡散した。市場ではマスク、消毒用アルコールなどが高価になり、そして品切れとなって消えたのもこのころである。

感染に対する警戒心が一方では異様なまでの恐怖心に膨れ上がり、ジャカルタでは感染死者を埋葬する指定公共墓地の周辺住民などが「死体からの感染」を危惧して霊柩車を妨害したり、埋葬する作業員の仕事を妨害したりするケースが多発し、結果として警察官が指定墓地に派遣されて警備と警戒にあたる事態に発展した。

こうしたなか、ジョコ・ウィドド大統領は「勉強も、仕事も、祈りも自宅で」として学校の閉鎖、主要不可欠産業・業務以外の原則停止や短縮、モスクや公共の場所などでの集団礼拝の自粛を呼びかけた。

規制強化のため3月20日には緊急対応宣言、4月10日には実質的な「ロックダウン(都市封鎖)」に匹敵する大規模社会制限(PSBB)をジャカルタなどに発令して感染防止に全力を挙げた。5月28日現在このPSBBは依然として4州、23の県と市で実施されている。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月