最新記事

ネット

デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

Toxic Cyberbullying

2020年5月30日(土)14時00分
大橋 希(本誌記者)

木村は番組中の出来事を機に誹謗中傷を受けた Etsuo Hara/GETTY IMAGES

<人気リアリティー番組に出演していた女子プロレスラー、木村花の死は国内外に衝撃を与えた。番組作りやSNSの中傷問題などについて、日米のテレビ業界に詳しいテレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターに話を聞いた。>

男女6人の共同生活を映す恋愛リアリティー番組『テラスハウスTOKYO 2019-2020』に出演する女子プロレスラーの木村花さん(22)が亡くなった。おそらく自殺で、原因はSNSでの誹謗中傷とされ、番組やSNS上の発言のあり方をめぐって議論が巻き起こっている。リアリティー番組が盛んなアメリカと日本の違いなどについて、テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターに話を聞いた。

◇ ◇ ◇


――『テラスハウス(テラハ)』は見ていた?

もちろん見ています。ファンではないですけど。演出の一環としてですが、外国の番組風に色調を加工しているじゃないですか。あんまりそういうのは好きじゃない。

あと、(スタジオメンバーによる)実況はいらないと思うんだよね。どうしても日本のテレビ局は「有名人やタレントがいないともたない」と不安に思っちゃう。コマーシャルや番組販売の営業をするのに、誰々がナビゲーターですとか、ナレーションはこの人ですと紹介できないと物足りないという思い込みがあるんですよ。もし外国で『テラスハウス』を作ったとしたら番組をそのまま見せるだけで、ああいうタレントの登場場面は入れない。その分、中味が減るじゃないですか。

――『テラハ』はアメリカでも人気のようだが。

そうです。日本の実写モノ番組としては、『料理の鉄人』に並ぶくらいのヒットなんですよ。日本オタクが見るのではなくて。ただ純粋に面白いから見る、と。ただこれはネットフリックスで、配信しやすいから。普通なら、番組を1つずつテレビ局に売るのは大変なことなんです。

『テラハ』はアメリカの――といってもその前はヨーロッパですけど――リアリティー番組のスタイルに基づいて作った。ただ、日本にはそうした番組がなかったとみんな思っているかもしれないが、実は非常に少ないけど、あるんですよ。『痛快!ビッグダディ』、あれは完璧なリアリティー番組です。タレントによる実況もないしね。大家族ものは日本の得意技で、昔からよくやっている。そんなに裕福ではないけれど、みんながんばってお母さんを手伝ったり、反抗期の女の子がいたり......。『はじめてのおつかい』もありますよね。

アメリカのリアリティー番組で世界的に有名になったのは、パリス・ヒルトンの『シンプルライフ』(03~07年)。普通のアメリカ人から見て、「なるほど、これがリアリティー番組か」というものだった。ニコール・リッチーとヒルトンに密着しただけなんですけど大成功した。その延長線で、キム・カーダシアンの番組ももう10年以上やっている。

リアリティー番組を次のシーズンも続けるには、視聴率を取らないといけない。ネットフリックスなら視聴回数ですね。あるいは話題性がないと打ち切りになってしまう。だからどんどん煽る。木村花さんが犠牲になったことは本当に気の毒ですが、洗濯機の事件(*)はあって当たり前ですよ。だって、男の子が女の子を口説いているだけだったら見ていてつまらないし、盛り上がらない。

(*洗濯機に入ったままの木村さんのプロレス用コスチュームを、男性メンバーが誤って自分の洗濯物と一緒に洗濯・乾燥させてしまう。コスチュームは縮んで使えなくなり、木村さんが男性に激怒した。)

――台本はないと言われているが、どの程度まで製作側が仕掛けているのか。

僕もリアリティー番組の製作現場を見たりしているけど、台本ではなく状況、環境を作るんです。例えば以前やっていた『あいのり』では、「あの子がいいんじゃないの」と言ったり、その程度ですよ。「これをやりなさい」と強制することはない。仕込みというほどまでは、ないです。それやったら外にバレちゃうし、作っている人たちのプライドもなくなる。

ただ、誘導くらいはします。僕自身、有名な外国の催眠術師が来て「私が手をたたくと、あなたはニワトリになります」とやるような特別番組に出たことがある。やらせは大問題になるのでやらないんですけど、心理学を使う。番組開始前に、30人くらいの出演タレントにディレクターが「みなさん、恥ずかしい恰好でもいいから、恥ずかしいと思わずにがんばってください」と言うわけです。つまり、ニワトリになってください、と直接言うことはなく、催眠術にかかったふりをしてもいいよ、と遠回しに言う。

リアリティー番組の始まりは、99年にオランダで放映された『ビッグ・ブラザー』。その後、五十数カ国でフォーマット販売をしている。出場者の投票で退去する人を決めていくスタイルで、ある意味で競争です。ドナルド・トランプ米大統領がやっていた番組『アプレンティス』も脱落者を決める方式だったが、視聴者は自分が応援している人を残すためにライバルに対して「勘違い野郎」とか、ものすごい悪口を言う。人種差別的なコメントも多い。

『アメリカン・アイドル』でも同じ。もちろん好意的なコメントが圧倒的に多いが、リアリティー番組にはバッシングや中傷は付きものなんです。

もう1つ、これは既に有名人だった木村さんには当てはまらないが、リアリティー番組の何が危険かというと、一般人が一気に有名になること。才能がない人がいつのまにか有名になって、誤解して、いろんなトラブルになったりもする。それに、「お前のこと嫌い」と言われたことのない人が、急に数えきれない人からそれを言われたら、耐えられない場合だってありますよ。世界で38人ほどがリアリティー番組が原因で自殺しているとの情報もある。楽しくて、出演料をもらえて、有名になれるが、人生をめちゃくちゃにされることもある。

(日本の恋愛リアリティー番組の)元祖は、とんねるずの『ねるとん紅鯨団』。あれは大ヒットして、「交際していただけますか」だけのバラエティー番組だけどすっごくよかった。番組全体が健全なおふざけで、本気じゃないのがよかった。

でも欧米型のリアリティー番組はガチで、まじなんですよ。下手したら笑えないくらいガチ。『風雲!たけし城』はコンテスト番組ですが、ビートたけしとお笑い芸人がめちゃくちゃに茶化すから面白い。でもアメリカ版『たけし城』はガチで競争をやって、全然面白くない。だから、日本は逆行している。つまり『ねるとん』が頂点で、どんどんダメになっている。僕は日本のスタイルのほうが健康的でいいと思う。「フィーリングカップル5対5」(『プロポーズ大作戦』)もぎこちなくて、緊張しちゃう感じが最高だった。「フィーリングカップル」にしても『ねるとん』にしても、もし今やっていたら、見ている人がSNSでばかにしたりしないと思う。

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月