最新記事

ベビーブーマー

ミレニアル世代に知ってほしいベビーブーム世代の功績

OK, Millennials

2020年4月10日(金)16時15分
サム・ヒル(作家、コンサルタント)

若者はベビーブーム世代のお説教など聞きたくないようだが VIEWAPART/ISTOCK

<ミレニアル世代の若者に次世代のバトンを渡す前に、この50年の世界の変化とブーマー世代の成果を総括してみよう!>

近頃、若者たちの間で盛んに使われているフレーズがある。「オーケー、グーグル」ならぬ「オーケー、ブーマー」。「はい、はい、分かりましたよ、ブーマーさん」というニュアンスだ。若者はベビーブーム世代のお説教など聞きたくないらしい。

私たちも親の世代に同じようなセリフを吐いたものだ。ミレニアル世代よ、君たちの気持ちは分かる。ただし、1つだけ覚えておいてほしい。心理学の権威スティーブン・ピンカーらが指摘しているように、世界の人々はいま人類史上最も恵まれた生活を送っている。そして、私に言わせれば、それはベビーブーム世代の奮闘によるところが大きい。

ベビーブーム世代は人類史上最も独創的で、最も心優しく、最も勤勉な世代だ。自画自賛もいいかげんにしろって? メジャーリーグの伝説的な投手ディジー・ディーンは言った。「ちゃんとした裏付けがあるなら、それは自慢じゃない」

ミレニアル世代の君たちは自分たちが史上最も厳しい試練に直面していると思っているようだが、果たしてそうだろうか。

2008年の金融危機? 1930年代の大恐慌に比べたら、どうってことない。所得格差? 今のアメリカの貧富の差は人類史の平均に近く、ピークだった19世紀末には程遠い。学生ローン? ミレニアル世代が抱えるローン総額は1兆6000億ドル。今後30年間にベビーブーム世代がミレニアル世代に譲り渡す遺産総額は68兆ドルだ。運が良ければ親の遺産で借金を完済できるだろう。

君たちの世代の悩みなど贅沢な悩みだなどと言うつもりはない。例えば気候変動は文明の存続を脅かしかねない。だが、そもそも人類はこれまで何度も存亡の機に瀕してきた。ベビーブーム世代は核戦争の脅威を身近に感じる時代に生き、「核の冬」の訪れも絵空事ではなかった。

レーチェル・カーソンは1962年の著書『沈黙の春』で有毒な化学物質が世界中の生態系を破壊すると警告した。スタンフォード大学のポール・エーリック教授は1968年の著書『人口爆弾』で、人口の爆発的増加により1970、80年代には世界中が深刻な食糧不足に陥ると予測。国際的研究団体のローマ・クラブは1972年の報告書で、2008年までに世界の資源は枯渇し始めると警鐘を鳴らした。

こうした惨事は1つも起きなかった。なぜか? ベビーブーム世代が危機に対処してきたからだ。

君たちミレニアル世代も頑張ってくれるだろう。君たちは人類史上最も知能が高く、健康で、最も高い教育を受けた最も有能な世代だ。

ピュー・リサーチセンターによると、アメリカでは昨年、ミレニアル世代がベビーブーム世代を抜いて人口が最も多い年齢層となった。私たちは舞台の袖に退場し、これからは君たちが主役を務める番だ。

ここでベビーブーム世代がやり遂げたこと、当然ミレニアル世代にも期待されることを確認しておこう。基準にするのは、ベビーブーム世代の最年長者がミレニアル世代の最年少者の今の年齢(=23歳)だった1969年。先に断っておくが、私たちが君たちに受け渡す世界は、私たちが前の世代から受け取った世界よりもはるかに素晴らしい世界だ。

ニュース速報

ワールド

中国の利益を狙った米国の試み、対抗措置に直面へ=中

ワールド

南ア、都市封鎖を一部解除 経済活動の再開目指す

ビジネス

4月の一般会計税収、前年同月比29.4%減=財務省

ビジネス

日経平均は反発、約3か月ぶりに2万2000円回復

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月