最新記事

アメリカ社会

夜更けの街で酔っ払いを乗せて──ライドシェア運転手の告白

The Drunk Men I Drive Around Every Night

2020年4月4日(土)15時30分
ピーター・ジャクボウィッツ(リフト運転手、ライター)

ライドシェアと飲酒・健康との関係は単純ではない EUGENESERGEEV/ISTOCKPHOTO

<飲酒運転を防ぐ一方、飲酒を助長する恐れもある......「深夜のヒーロー」が見たライドシェアの現実>

「プロ......サーファー」。彼はそう言ったのだと思う。この仕事をしていると相手が何と言ってるのか分からず、適当に相づちを打ってごまかすことも。彼の名はジェームズ。サーフィンのゴーグルをして帽子を目深にかぶっている。

「プロのサーファーですか」と聞いてみる。「プロ......サーファー。ハンチントン......ビーチ。1位......」

だが、ここは陸に囲まれたオレゴン州ビーバートンのスポーツパブの駐車場。時刻は午前3時頃。私は配車アプリによるライドシェアサービス、リフトの運転手だ。

告げられた行き先はハンバーガー店。もう閉まっているよと伝えても、ジェームズは「行け......行け」と言う。

仕方なく店に向かうが、やはり午後9時で閉店。がらんとした駐車場で、ジェームズにほかに行きたい所はないかと聞く。

彼の返事は「ストリップクラブ」。店名とまだ営業しているかを尋ねたら「コストコ」だという。コストコはストリップクラブじゃないし、もう閉店時刻を過ぎている。それでも彼がコストコと言い張るので、一番近い店舗に向かう。数分後、それまで静かだったジェームズがしきりに身ぶりで何か伝えようとする。ここで降りたいらしい。

「ここで?」。3階建ての高級コンドミニアムに囲まれた通りで停車する。「このどれかに住んでるんですね?」。客をちゃんと送り届けたい思いに嘘はない。ジェームズは車を降りて一目散に建物に向かい、ドアの向こうに消える。その夜はそこで切り上げた。

次の夜は午後11時頃に出発。最初の客はまた同じスポーツパブから乗ったジェームズ。車に乗るなり「プロ......サーファー」ときた。ゴーグルと帽子は同じだが、言葉はいくらかましだ。前夜の話をしても、彼は私を覚えていないようだ。

NPO「飲酒運転追放を目指す母親たち(MADD)」によれば、ライドシェアには飲酒運転による死亡事故を防ぐ効果があるという。ウーバーも長年MADDと提携。ライドシェアを通して飲酒運転を防止する「深夜のヒーロー」でありたいという思いは、リフトも同じだ。

ライドシェアの飲酒運転防止効果については調査によってまちまちだ。それでも、リフト運転手としての経験と医療担当の議会記者時代の経験から言えば、ライドシェアと飲酒・健康との関係は単純ではない。

飲酒自体は増加の恐れ

2019年11月、ジョージア州立大学とルイビル大学と司法省の研究チームは、ライドシェアの利用しやすさが飲酒に及ぼす影響に関する研究結果を発表。ジョージア州立大学のキース・テルツァー助教によれば「きっかけはライドシェアが飲酒運転に及ぼす影響は比較的小さいという複数の論文だった」という。

テルツァーらは米疾病対策センター(CDC)による生活習慣病のリスク行動調査のデータを使い、ウーバーのライドシェア市場参入後の09~16年のアルコール消費を分析。低価格のウーバーXの利用と関連して「アルコールの1日の平均消費量が3.1%、1カ月の飲酒回数は2.8%、1回の最多飲酒量は4.9%、節度のない飲酒は9%増加した」と報告した。

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月