最新記事

サプライチェーン

新型コロナウイルスで物流遮断 世界の陸海空でモノが大渋滞

2020年3月29日(日)10時00分

西側諸国の物流業者が陸運、海運、空運のすべてで悪戦苦闘している。写真は17日、ドイツとポーランドの国境で検温を受けるトラック運転手(2020年 ロイター/Axel Schmidt)

西側諸国の物流業者が陸運、海運、空運のすべてで悪戦苦闘している。新型コロナウイルスの世界的大流行により、西側各国政府が封鎖措置の導入を余儀なくされたためだ。イタリアなど感染が最も深刻な国では、医薬品など必需品の供給に支障が生じかねない事態となっている。

中国は新型コロナの感染拡大阻止で思い切った対応策を取り、国内経済が徐々に回復しているが、他の国・地域ではサプライチェーンが滞っている。

関係者によると、物流業界はトラック運転手の確保難や船員に対する規制、航空貨物の容量不足などさまざまな問題に見舞われ、円滑な配送が難しくなっている。さらに消費者の買いだめやパニック買いがサプライチェーンのひっ迫に追い打ちをかけている。

物流大手・アジリティの最高コマーシャル責任者、モハメド・エサ氏は「サプライチェーンの混乱は、東側から西側へと急速に移った」と話した。

物流業界の関係者によると、最も大きな打撃を受けているのが空運業界。航空機の運航停止が増えたためで、医薬品や生鮮品など主要商品の輸送に問題が起きている。エサ氏によると、通常なら2、3日の輸送期間が2倍に伸びている。

医薬品原料の輸送に空運を使っている欧州のサプライヤーは、航空機での輸送は難しいと説明した。

米国は外国人の入国禁止措置により、航空貨物の輸送能力が推定で85%低下した。大量の貨物を下部貨物室で輸送していた旅客機の運航が止まったためだ。関係者によると、運航を続けている旅客機の貨物スペースは限られ、貨物輸送のコストは5倍に跳ね上がった。

関係者によると、欧州から米国への輸送はメキシコやカナダを経由するルートに変更されたが、輸送時間が伸びてコストも上がった。

ヘルマン・ワールドワイド・ロジスティックスの最高コマーシャル責任者、ヨヘン・フリーゼ氏によると、欧州から米国への輸送コストは通常、1キログラム当たり1ユーロ弱だが、今は5ユーロから10ユーロと「大幅に上昇している」。

陸運業界でも国境通過に時間を要するようになり、特にイタリアなど新型コロナ感染の影響が甚大な欧州諸国との往来には時間がかかる。

ヘルマンのフリーゼ氏は「十分なトラック輸送能力を確保するために運転手の手当てを引き上げており、貨物リスクに絡むコストが上がっている。こうしたコストがさらに上昇するのは間違いない」と述べた。

スペイン人のトラック運転手、オスカー・プリエトさん(48)は、ガソリンスタンドがサービスを渋り、食事やトイレの利用で困った目に遭ったという。倉庫や工場に着いても施設に入れてもらえず、事務手続きの間、屋外で待たされた。「トラック運転手を犬のように扱うところもある」という。

イタリア交通・運輸同盟のグイド・ニコリーニ委員長によると、一部の国では国境管理によって越境に時間がかかり、運転手に認められた滞在時間が制限され、オーストリアなどの国境で問題が発生している。

スペインの物流業界団体の広報担当者は、全運転者に行き渡るだけのマスクや手袋が十分にそろっていないのが最も心配な問題だと述べた。

海運業界は、欧州や米国でコンテナが不足している。船員不足も船舶によるサプライチェーンに打撃となっている。

国際海運会議所(ICS)のガイ・プラッテン事務局長によると、世界各地で船舶が入港を拒否され、船員は交代が難しいため帰宅できない。

プラッテン氏は「渡航制限や国境封鎖、航空機による旅行のキャンセル、船舶での14日間以上の隔離措置などが今では当たり前になった。船舶を動かす船員がいなければ通商は成り立たないという事実は無視できない。つまり食品や医薬品、一次産品などがもはや港に届かず、消費者に直接影響が及ぶということだ」と話した。

(Jonathan Saul記者、Sonya Dowsett記者、Lisa Baertlein記者)

[ロンドン/マドリード/ロサンゼルス ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・中国、感染しても無症状者は統計に反映せず 新型コロナウイルス感染爆発「第2波」の懸念
・新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(28日現在)
・デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」


20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ビジネス

アマゾン、インドでプライムデー開催見合わせ 深刻な

ワールド

アストラゼネカ、米でコロナワクチンの全面的な承認申

ワールド

ワクチン特許権放棄、EUは効果に懐疑的 具体案議論

ビジネス

アングル:テキサス寒波、天然ガス企業や大手銀が「勝

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月