最新記事

分散コンピューティング

世界中のコンピュータを集めて、新型コロナウイルスの治療法開発に役立てる

2020年3月23日(月)20時15分
松岡由希子

コンピュータシミュレーションで新型コロナウイルスの治療法の開発に役立てる...... Maksim Tkachenko-iStock

<分散コンピューティングプロジェクトFolding@home は、新型コロナウイルスの解析に着手し、余剰となっているCPUやGPUの処理能力の提供を世界中に広く呼びかけている......>

米スタンフォード大学を中心とする分散コンピューティングプロジェクトFolding@home(フォールディング・アット・ホーム)は、2020年3月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の解析に着手し、余剰となっているCPUやGPUの処理能力の提供を世界中に広く呼びかけている。

世界中のコンピュータの処理能力を結集して、様々な疾病の治療に寄与

Folding@homeは、2000年10月の創設以来、分散コンピューティング技術により、オンラインで接続された世界中のコンピュータの処理能力を結集して、タンパク質の折り畳み構造を解析し、アルツハイマー病やパーキンソン病、乳がん、腎臓がんなど、様々な疾病の治療に寄与してきた。

タンパク質の折り畳みとは、タンパク質が細胞内で特定の立体構造に折り畳まれる生物学的プロセスであり、これによって、そのタンパク質がどのような機能を実行するかが定められる。Folding@homeでは、2020年2月、エボラウイルスV35タンパク質についてシミュレーションを実施し、治療に役立つ領域を特定することにも成功している。

.

計算資源が世界各地から寄せられている

Folding@homeでは、新型コロナウイルスの治療へのアプローチとして、「新型コロナウイルスが、ヒトの宿主細胞にウイルス侵入するために必要となる『ACE2受容体』とどのように相互作用しているか」に着目。新たな抗体医薬によって両者の相互作用を阻害することで感染を防止できるのではないかと考えている。

このような仮説のもと、エボラウイルスでの研究実績をベースに、コンピュータシミュレーションによって新型コロナウイルスのタンパク質の可動領域を解明し、新たな治療法の開発に役立てる方針だ。

このプロジェクトの概要やファイルはすべてオンラインプラットフォーム「ギットハブ(GitHub)」で公開されている。


新型コロナウイルスの感染拡大が深刻となるなか、Folding@homeがシミュレーションを実行するための計算資源として、CPUやGPUの処理能力が世界各地から寄せられている。ギットハブのCEO(最高経営責任者)ナット・フリードマン氏は、3月11日、公式ツイッターで、ギットハブの余剰計算能力を寄付すると発表。

日本のソフトウェア開発企業サイボウズやインターネットサービスプロバイダ(ISP)さくらインターネットも、このプロジェクトに参加することを表明している。

専用ソフトウェアをインストールし、誰でも参加できる

Folding@homeには、専用ソフトウェアをPCにインストールし、これを起動しておくことで、誰でも参加できる。また、セントルイス・ワシントン大学を通じ、オンラインで寄付も募っている。

Folding@homeの共同ディレクターを務めるセントルイス・ワシントン大学のグレゴリー・ボーマン准教授は、「シミュレーションは大規模なもので、わずかな処理能力でもプロジェクトに役立つ」と協力を呼びかけている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

ワールド

英、ロシア中銀総裁に制裁 ウクライナ4州併合受け追

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月