最新記事

分散コンピューティング

世界中のコンピュータを集めて、新型コロナウイルスの治療法開発に役立てる

2020年3月23日(月)20時15分
松岡由希子

コンピュータシミュレーションで新型コロナウイルスの治療法の開発に役立てる...... Maksim Tkachenko-iStock

<分散コンピューティングプロジェクトFolding@home は、新型コロナウイルスの解析に着手し、余剰となっているCPUやGPUの処理能力の提供を世界中に広く呼びかけている......>

米スタンフォード大学を中心とする分散コンピューティングプロジェクトFolding@home(フォールディング・アット・ホーム)は、2020年3月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の解析に着手し、余剰となっているCPUやGPUの処理能力の提供を世界中に広く呼びかけている。

世界中のコンピュータの処理能力を結集して、様々な疾病の治療に寄与

Folding@homeは、2000年10月の創設以来、分散コンピューティング技術により、オンラインで接続された世界中のコンピュータの処理能力を結集して、タンパク質の折り畳み構造を解析し、アルツハイマー病やパーキンソン病、乳がん、腎臓がんなど、様々な疾病の治療に寄与してきた。

タンパク質の折り畳みとは、タンパク質が細胞内で特定の立体構造に折り畳まれる生物学的プロセスであり、これによって、そのタンパク質がどのような機能を実行するかが定められる。Folding@homeでは、2020年2月、エボラウイルスV35タンパク質についてシミュレーションを実施し、治療に役立つ領域を特定することにも成功している。

.

計算資源が世界各地から寄せられている

Folding@homeでは、新型コロナウイルスの治療へのアプローチとして、「新型コロナウイルスが、ヒトの宿主細胞にウイルス侵入するために必要となる『ACE2受容体』とどのように相互作用しているか」に着目。新たな抗体医薬によって両者の相互作用を阻害することで感染を防止できるのではないかと考えている。

このような仮説のもと、エボラウイルスでの研究実績をベースに、コンピュータシミュレーションによって新型コロナウイルスのタンパク質の可動領域を解明し、新たな治療法の開発に役立てる方針だ。

このプロジェクトの概要やファイルはすべてオンラインプラットフォーム「ギットハブ(GitHub)」で公開されている。


新型コロナウイルスの感染拡大が深刻となるなか、Folding@homeがシミュレーションを実行するための計算資源として、CPUやGPUの処理能力が世界各地から寄せられている。ギットハブのCEO(最高経営責任者)ナット・フリードマン氏は、3月11日、公式ツイッターで、ギットハブの余剰計算能力を寄付すると発表。

日本のソフトウェア開発企業サイボウズやインターネットサービスプロバイダ(ISP)さくらインターネットも、このプロジェクトに参加することを表明している。

専用ソフトウェアをインストールし、誰でも参加できる

Folding@homeには、専用ソフトウェアをPCにインストールし、これを起動しておくことで、誰でも参加できる。また、セントルイス・ワシントン大学を通じ、オンラインで寄付も募っている。

Folding@homeの共同ディレクターを務めるセントルイス・ワシントン大学のグレゴリー・ボーマン准教授は、「シミュレーションは大規模なもので、わずかな処理能力でもプロジェクトに役立つ」と協力を呼びかけている。

ニュース速報

ビジネス

失業給付増額、職探し抑止の痕跡なし=サンフランシス

ワールド

原油先物2%超上昇、石油在庫減少で

ワールド

定期歯科検診先送りを、コロナ市内感染の発生地域で=

ビジネス

トランプ米大統領、選挙後の国防長官解任巡り内密に協

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 9

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月