最新記事

新型コロナウイルス

動物から人にうつる未知のウイルスの出現を止められない訳

THE END OF THE WILD ANIMAL TRADE?

2020年3月12日(木)15時00分
リンジー・ケネディ、ネイサン・ポール・サザン

コウモリは多くのウイルスを持つ REUTERS/Daniel Munoz

<野生動物の取引は、いわば病原体のデパート。取引が続く限り、未知の人獣感染症が世界的なパンデミックを起こす可能性はなくならない。本誌3月17日号の特集「感染症vs人類」より>

エボラ出血熱、炭疽、腺ペスト、SARS(重症急性呼吸器症候群)、新型肺炎。mag20200317coversmall.jpgこれらはみな動物から人にうつる「人獣共通感染症」だ。人の免疫系には未知の病原体だから、しばしば重篤な症状を起こす。

中国・武漢で集団感染が発生した新型コロナウイルスは野生のコウモリ由来とみられているが、人への感染を媒介した中間宿主は分かっていない。漢方薬の材料として密猟され、絶滅が危惧される哺乳類センザンコウの押収された検体から遺伝子配列が近いウイルスが検出されたが、媒介したという確証はない。

中間宿主が希少な動物であれ、豚など身近な動物であれ、確実に言えることがある。狭い場所にさまざまな動物が詰め込まれれば、病原体が種から種へと飛び移り、突然変異を起こす確率が高まるのは明らかだ。

人にうつる新型感染症の4分の3は動物由来といわれる。20世紀以降、人間は辺境の地にどんどん踏み込み、開発を進めてきた。そのため人と家畜が野生動物と接触する機会が増え、野生動物の持つ細菌やウイルスが人の生活圏に入り込むようになった。

「野生動物を捕獲するために奥地に踏み込めば、人が未知のウイルスにさらされる確率も高まる」と、WHO(世界保健機関)の国際食品安全当局ネットワークのピーター・ベン・エンベレクは言う。「種の存続を脅かす狩猟と密猟を禁止する必要があるのは明らかだ。世界のどの国の当局者もそれを認めるだろう」

だが「言うは易く、行うは難し」。野生動物の違法取引は世界の犯罪組織を潤す4大違法ビジネスの1つで、その市場規模は最大年間260億ドルに上る。最大の市場は中国で、特に漢方薬の材料となるトラの骨、サイの角、センザンコウのウロコなど希少動物の部位は高値で売れる。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は2013年、腐敗一掃キャンペーンの一環として、公式の宴会でフカヒレのスープなど野生動物を使った料理の提供を禁止した。それまで高級食材とされる野生動物のメニューは公的な催しに欠かせないものだった。

野生動物の肉を売る海鮮市場は、新型コロナウイルスの大流行で閉鎖されるまで中国各地にあった。タイ、ラオス、ミャンマーの国境地帯に広がるかつてのケシ栽培地帯、現在はカジノが立ち並ぶラオスの「ゴールデン・トライアングル経済特区」など、中国政府の監視の目が届かない場所で十分な金を出せば、今でも象牙やトラの毛皮を買えるし、絶滅危惧種の動物を使った高級料理を堪能できる。

ニュース速報

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画で対

ビジネス

米新築住宅販売、9月は前月比3.5%減 予想に反し

ビジネス

コロナ治療法、ワクチンよりも容易で安価=ブラジル大

ビジネス

米当局、共和党全国大会でのポンペオ氏演説調査 ハッ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 7

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月