最新記事

イギリス

ジョンソン英首相「私は新型コロナ感染者とも握手した」

U.K. Leader Boris Johnson Boasts of Shaking Hands With Coronavirus Patients

2020年3月4日(水)15時54分
カレダ・ラーマン

新型コロナウイルス対策について記者会見するジョンソン(3月3日) Frank Augstein/REUTERS

<イギリスは新型コロナウイルスの感染者が50人を突破したところだが、まだ首相が冗談を言う余裕があるようだ>

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、新型コロナウイルスに感染した患者たちとも握手をした、と豪語して失笑を買った。3月3日、イギリスでも感染例が出始めた新型ウイルスについての記者会見の席だ。

今後世界で感染が拡大していったとしても、面会する人たちとの握手を続けるつもりだという。新型ウイルスに怯える国民を安心させようと思ったらしい。

「先日の夜、私は病院を訪れた。そこには新型コロナウイルスに感染した患者が数人いたと思うが、私はそこにいる全員と握手をした。そして、これからも握手を続けるつもりだ」と、ジョンソンは言った。

「一般の人は自分で判断すれば良いが、科学的なエビデンス(証拠)としては、手洗いが非常に重要だ」


ジョンソンがいくら握手に固執しようと、世界では、新型ウイルスに対する予防策として、握手やキスをしなくなっている。

足の握手も流行

ネットに出回っている動画では、手の代わりに足を合わせて挨拶をする人々の様子が映っている。この動作は、新型コロナウイルスの発生源となった中国の都市にちなんで「ウーハン(武漢)シェイク」と呼ばれている。

これが武漢シェイク


メルケル独首相も握手を断られた!


マット・ハンコック英保健相が3月3日に発表したところによると、イギリスでは感染者が51人に達した。ここから「非常に顕著に」増加する恐れがあると、ジョンソンは警告する。

「今後数週間、数カ月の間に、我々が困難に直面する可能性のほうが、そうならない可能性よりもかなり高い」と、ジョンソンは言う。イギリスは「素晴らしいNHS(国民健康保険制度)によって、十分な準備ができている」とも。

さらに翌3日には、イギリスのマット・ハンコック保健相が、同国内の感染者数が51名に達したと報告したと、BBCが伝えている。

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で9万2700名を超え、死者数は3155名に達した。

世界保健機関(WHO)は、現在の状況についてパンデミック(世界的大流行)だとは宣告していないが、世界は「未知の領域に入った」」との判断を示している。

(翻訳:ガリレオ)

20200310issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月10日号(3月3日発売)は「緊急特集:新型肺炎 何を恐れるべきか」特集。中国の教訓と感染症の歴史から学ぶこと――。ノーベル文学賞候補作家・閻連科による特別寄稿「この厄災を『記憶する人』であれ」も収録。

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月