最新記事

スポーツ

サッカー次世代の星は19歳「モンスター級」のハーランド

The Blond Beast of the Bundesliga

2020年3月7日(土)15時15分
エリック・ベッツ

ハーランドの得点力は規格外(欧州チャンピオンリーグのパリ・サンジェルマン戦) ALEXANDRE SIMOESーBORUSSIA DORTMUND/GETTY IMAGES

<独ドルトムントで大ブレイク中のノルウェー人FWアーリング・ハーランドは、得点力もスピードも見た目も迫力もモンスター級>

サッカー界ではリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドという2人のスーパースターの時代が長く続いている。世代交代を想像するのも難しいくらいだが、一時代を画した2人もいつかは引退する時が来る。

では、次の時代のサッカー界の「顔」になる選手は誰なのか。2月18日、欧州チャンピオンズリーグの試合で対戦したパリ・サンジェルマン(フランス)のキリアン・エムバペ(21)とドルトムント(ドイツ)のアーリング・ハーランド(19)は、まさに筆頭候補と言えるだろう。

エムバペはプロデビューした2016~17年シーズンから注目されていたが、大スターの座に駆け上がったのは18年のワールドカップ。19歳の若さでフランス代表を優勝に導いた。

昨シーズンはフランス1部リーグで33ゴールを記録した。足がボールを捉えると、映画のスタントマンさながらの妙技を見せる。

一方のハーランドはノルウェー出身。194センチの大柄な選手で、今シーズンは規格外の破壊力を見せつけている。

シーズン初めはオーストリア1部リーグのザルツブルクに在籍し、リーグ戦14試合に出場して16ゴールを挙げた。チャンピオンズリーグ初出場となった試合ではハットトリックを達成。今年1月にドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに移籍、最初の3試合で7得点を挙げた(そのうち2試合は途中出場だった)。

名門マンUへ行かずに

いかにも北欧系らしいブロンドの大男で、映画で言えばロッキーの敵役のイワン・ドラゴや『ブレードランナー』に出てくる人造人間のロイ・バッティを思い起こさせる。マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の元ミッドフィルダー、リー・シャープの言葉を借りれば「見た目が怖い」。さらに彼は「いかにもユナイテッドが欲しがりそうな選手だ」と付け加えた。

実際、移籍先がマンUになる可能性もあった。マンUは得点力とスター性のある選手を喉から手が出るほど求めていたし、オーレ・グンナー・スールシャール監督はハーランドがノルウェーのモルデFKに所属していた時の監督でもある。それに、ハーランドの父はイングランドでプレーしていた元サッカー選手だ。

だが、マンUはハーランドを獲得できなかった。監督は遅くとも今シーズンいっぱいで解任されると言われている。しかもハーランドの父は現役時代に、マンUの主将だったロイ・キーンとピッチ内外で何度も衝突した。父は「マンUなど大嫌いだ。あそこの選手には我慢ならない」と語ったと伝えられる。マンUは、ハーランドの代理人が出してきた条件に問題があったと主張している。

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン接種、一般は5月開始 当面は16歳以

ビジネス

米カジノ大手MGM、英エンテイン買収を撤回

ビジネス

インドが電子商取引の外資ルール再修正検討、アマゾン

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官指

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月