最新記事

アイルランド

シン・フェイン「勝利」で見えてきた南北アイルランド統一の現実味

The End of the Irish Political Duopoly

2020年2月20日(木)19時40分
コルム・クイン(ジャーナリスト)

選挙結果を受けて、躍進に沸くマクドナルド(前列中央)と支持者 CHARLES MCQUILLAN/GETTY IMAGES

<歴史的なアイルランド総選挙の結果が示した2大政党制の終わり――混迷する組閣の行方と南北統一の現実味を占えば>

シナーズ・テイク・イット・オール──アイルランドのタブロイド紙は1面に、左派の民族主義政党シン・フェイン党の党員・支持者を意味するスラングと、「勝者総取り」を意味する慣用句をかけた見出しを掲げた。アイルランド総選挙の衝撃的な結果が、明らかになりつつあるさなかのことだった。

2月8日に行われた総選挙では、アイルランドの有権者にとって、北アイルランド問題が絡むブレグジット(イギリスのEU離脱)は重要な争点ではなかった。彼らがはるかに重視したのは、住宅や医療制度をめぐる危機のほうだ。

アイルランドは「もう2大政党制ではない」── シン・フェインのメアリー・ルー・マクドナルド党首のこの言葉を否定するのは難しい。

現在のアイルランド共和国の基となるアイルランド自由国が成立したのは1922年。以来、この国の選挙では毎回、いずれも中道の共和党と統一アイルランド党のどちらかが勝利してきた。単純に言えば、アイルランド島が南北に分割されてからほぼ100年、今回の総選挙のような事態は起きたことがなかったのだ。

だが今回、現在の与党・統一アイルランド党の議席数は1948年以降で最低に沈み、第3党となった。レオ・バラッカー首相は党首辞任の圧力に直面するだろう。2大政党制への支持が下降気味なことは、しばらく前から選挙結果に示されており、両党の得票率は合計約43%と過去最低だった。

統一アイルランド党と同様、独立戦争(1919~21年)後に結成された共和党は綱領もライバルと酷似しているが、2008年の金融危機時に政権の座にあったため、今も国民の信頼回復に苦慮している。

2011年の総選挙では、共和党の得票率はわずか17.5%で、51議席を失った。今回の得票率は22.2%。議席数で第1党になったとはいえ、シン・フェインにわずか1議席差に迫られた。

連立交渉は問題だらけ

シン・フェインは得票率24.5%を獲得し、アイルランド政治の歴史を塗り替えた。それでも有権者の支持は各政党に分裂しており、同党の明確な勝利とは言い切れない。

統一アイルランド党、共和党、シン・フェインの議席数はそれぞれ35議席、38議席、37議席。閣外協力という道を選択しないなら、議会の半数である80議席という数字を上回って政権を樹立できるかどうかは各政党の交渉次第だ。

今回6議席を得た労働党のブレンダン・ハウリン党首に、マクドナルドが早い時点で接触を図ったと報じられ、当初はシン・フェイン主導の左派連立政権誕生に向けた協議が進行するかと思われた。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナ、世界の死者5.3万人超す 

ビジネス

地方公共団体に1兆円交付、麻生財務相と合意=岸田自

ビジネス

中国、経済安定化で豊富な政策手段 新型コロナの影響

ワールド

米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月