最新記事

新型コロナウイルス

中国逆切れ?「過剰なウイルス対策でパニックを引き起こしている」とアメリカを非難

China Accuses U.S. of 'Manufacturing and Spreading Panic' Over Coronavirus

2020年2月4日(火)18時30分
ジェニー・フィンク

アメリカ非難は習近平国家主席の苛立ちの表れ? Noel Celis/REUTERS

<新型コロナウイルスが発生して以降、アメリカ人を守るために矢継ぎ早の感染対策をとってきたアメリカは中国を孤立させようとしているのか?>

アメリカでも新型コロナウイルスの感染者数が増え、政府が対策に乗り出している。そのやり方について中国は、アメリカは助けの手を差し伸べる代わりにパニックを引き起こしていると非難した。

カリフォルニア州の衛生当局は2月2日、3人の新たな新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。これにより、アメリカ全体の感染者数は11人になった。1月19日にアメリカで1人目の感染者が確認されてからの2週間で、アメリカ当局は新型コロナウイルスの発生源である中国・武漢からアメリカ人を避難させたほか、中国への渡航警戒レベルを最大限に引き上げるとともに、中国発アメリカ行きの航空便を制限するなどの措置を講じてきた。

中国外務省の華春瑩報道官は2月3日、記者団に対し、アメリカは「不安を煽ってパニックを広げている」と語った、とロイターは報じる。

「強力な感染予防力と施設を備えたアメリカのような先進国が、率先して、世界保健機関(WHO)の勧告に反した過剰な制限を導入している」と華は述べた。

1月30日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言したWHOのテドロス事務局長も、他国が中国に対して渡航制限や貿易制限を課すことに強く反対した。

トランプ「中国には大きな支援を申し出た」

アメリカは1月28日、武漢にいる米政府関係者とその家族、一部の民間人の避難を開始した。避難は今週も続けられる見込みだ。ドナルド・トランプ大統領は1月31日、公衆衛生上の緊急事態を宣言。外国人については、過去14日以内に香港とマカオ以外の中国に滞在歴がある場合は入国を禁止すると発表した。

アメリカ国務省は2月2日、中国への渡航に関して、「再検討」を勧告するレベル3から、最高レベル4に引き上げ、渡航しないよう呼びかけた。中国に滞在中のアメリカ人に対しては、出国するか、できるだけ自宅にとどまって他人との接触を避け、感染リスクを減らすよう勧告した。

WHOのテドロス事務局長によると、WHOが緊急事態を宣言した1月30日時点では、新型コロナウイルスの感染者は世界全体でおよそ8000人だった。それが2月4日昼には2万437人に急増。

トランプは2月2日、フォックス・ニュースの番組で、アメリカ当局は中国に対してウイルス拡散に対処するための「大きな支援」を申し出ている、と述べた。ロバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はCBSの報道番組で、中国に伝えた支援の中身とは、米疾病対策センター(CDC)などから医療や公衆衛生の専門家を派遣することなどだと話した。

「中国からはまだ返事はないが、今後も協力していくつもりだ」とオブライエンは述べた。「中国にとって深刻な事態だ。中国にとっても、世界にとっても、深刻だ。だからこそ、私たちはアメリカ人を守るべく、現在のような措置をとっている」

ロイターによると、華報道官は2月3日の記者会見で、アメリカ政府は「中国に対してなんら実質的な支援を提供していない」と述べたという。

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>「脳性麻痺の息子がもうすぐ死ぬ」 新型コロナウィルス感染疑われた親の隔離で放置された少年
<参考記事>中国経済、新型コロナウイルス感染拡大の影響は想像を上回る

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

ニュース速報

ビジネス

ECB、FRB型の新物価戦略採用すべき=フィンラン

ビジネス

新型コロナワクチンで経済急加速との判断は時期尚早=

ワールド

EU、モデルナと新型コロナワクチン供給契約 最大1

ビジネス

コロナ再拡大、経済や金融の安定確保が何より重要=日

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月