最新記事

人体

放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影された その正体は?

2020年1月21日(火)16時30分
松岡由希子

目の中で光が生成された...... Lesley Jarvis, MD, PhD

<米ダートマス大学の研究チームは、特殊なカメラによって放射線の照射によって目の中で光が生成される様子をとらえた......>

放射線治療を受けている患者から「目を閉じていても光線が見える」との声がたびたび報告されてきた。

イスラエルのテルアビブ・ソウラスキ医療センターのデボラ・ブルメンソール博士らが2015年5月に発表した研究論文によると、脳への外照射治療を受けた患者3名が、放射線の送達と同時に明るい光や青い光を知覚したという。そしてこのほど、この光を視覚的にとらえることに世界で初めて成功した。

眼球の「硝子体液」を放射線が通過するとチェレンコフ光が生成される

米ダートマス大学の研究チームは、放射線照射中の生体系からの発光現象をリアルタイムに可視化する特殊なカメラシステム「CDose」を用い、放射線の照射によって目の中で光が生成される様子をとらえた。

この光は視覚を誘発するのに十分なほど生成されており、チェレンコフ光に似たものであった。一連の研究成果は、アメリカ放射線腫瘍学会議(ASTRO)の機関誌に2019年10年25日付で公開されている。

チェレンコフ光は、荷電粒子が荷電媒体を通過し、その位相速度が光速を超えると生成される。水中の原子炉で見られる青い光や、高エネルギーの宇宙線と地球の大気との相互作用により発生する光などがその例だ。

2008年1月に発表された米コロラド大学ボルダー校の研究論文では、目の水晶体と網膜との間の「ガラス体」を満たす「硝子体液」を放射線が通過するとチェレンコフ光が生成され、網膜がこれを感知することが示されている。

ダートマス大学の研究チームは、「定位放射線治療」を受けている患者の目の中で生成された光を「CDose」でリアルタイムにとらえることに成功した。

gr5-1.jpg


「CDose」では、様々な方向から放射線を照射した際、ブタの目から発光している様子もとらえている。

gr4.jpg


いずれも、米コロラド大学ボルダー校の研究結果と同様、放射線が通過するとき「硝子体液」で光が生成された。リアルタイムで測定したデータによると、生成された光は視覚を誘発するのに十分な量であった。また、光の組成を分析したところ、この光はチェレンコフ光に分類されることもわかった。

放射線治療の精度の向上に役立つ

一連の研究成果は、放射線治療の精度の向上に役立つと期待が寄せられている。たとえば、放射線治療中に目から発光している様子をモニタリングし、放射線が目を通過しているかどうか、直接、確認することが可能となる。研究チームでは、今後、チェレンコフ光と放射線量との関係を分析し、目に照射された放射線量の予測や測定に用いるツールの開発などに取り組む方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、より明確な物価目標が必要=アイルランド中銀

ワールド

中国の経済回復は加速、新型ウイルスなおリスク=党中

ワールド

ブラジルで新型ウイルス感染確認、中南米で初 5大陸

ワールド

米ホワイトハウス、新型ウイルス対策の監督者任命巡る

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 4

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 5

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 6

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月