最新記事

イギリス

開発援助を軽視するジョンソンの勝利で、イギリスは国際社会の信頼も失う

JOHNSON’S WIN IS A LOSS FOR BRITISH POWER

2019年12月26日(木)19時00分
ゴードン・ブラウン(元英首相)

「離脱後」の舵取りをジョンソンの保守党に任せていいのか MELVILLE-REUTERS

<世界の貧困解消に貢献するODAを担ってきた国際開発省が外務省に編入されようとしているが、ODAを外交ツールにしてはならない>

イギリスのEU離脱に決着をつけるために仕組まれた2019年12月12日の総選挙で、国民は苦渋の決断を迫られた。そしてジョンソン首相率いる保守党に下院の単独過半数の議席を与えた。その是非は問うまい。だがEU離脱を除いて、イギリスの未来に関わる重要課題がほとんど話し合われなかったのは残念だ。

その最たるものが、保守党による、国際開発省をつぶして外務省に編入するという構想だ。実現すれば、年間140億ポンド(約2兆円)に上るODA(政府開発援助)予算の差配が外務省に委ねられることになる。

確かにODAを外交のツールとして使えれば、イギリスは国際舞台で政治的パワーを取り戻せるかもしれない。しかしイギリスのソフトパワーは失われてしまう。この国は世界の貧困解消に惜しみなく貢献することで世界中に恩恵をもたらしてきたし、その開発援助ゆえに世界中で高く評価されてきた。22年前に国際開発省が復活して以来、イギリスのODAは何億もの人々を貧困から救い、命を救い、何億もの子供たちが学校へ通えるようにしてきた。7億人の子供にワクチン接種を受けさせる計画も主導したし、気候変動の影響を直接的に受ける貧困国への援助でも先頭に立ってきた。

ODAは外交のツールにあらず

しかしジョンソンは、「離脱後」のイギリスが国際的な影響力を維持するには外務省の強化が必要と考えている。だが国際開発省を格下げすれば、イギリスの国際的な信頼が損なわれる。外交には秘密が付き物だが、ODAには透明性が求められる。いわゆる「ひも付き援助」でないかどうかを第三者が確かめてこそ、その援助は本物になるからだ。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に主導的な役割を果たすことで、イギリスは国際社会で高い評価を得た。しかし国民がこの点を正しく理解しているとは言い難い。各種の世論調査によれば、有権者の多くは国家予算の20%ほどがODAに振り向けられていると思っているようだが、実際は1%に満たない。イギリスの援助額だけではアフリカの子供がノート1冊を買うのがやっとだと知れば、たいていの有権者はショックを受ける。

外交とODAは別物であり、どちらも同じくらいに重要だと訴える人々の声に、ジョンソンは耳を傾けるべきだ。元国際開発相のヒラリー・ベンは「援助の仕事は専門家に任せるべき」だと言い、元外相のマーガレット・ベケットも「国防と開発援助、外交のリーダーシップ」の巧みな組み合わせが「国家安全保障には死活的に重要」だと強調している。外務省の内部にも、ODA予算を取り込んで外務省の赤字を埋めようという考えは「根本的に間違っている」との批判がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物3%超下落、米積極利上げ観測で ロ産原油上

ビジネス

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

ワールド

ウクライナ、無人機でロシア深部攻撃か 原油価格は上

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月