最新記事

オーストラリア

路面を溶かす熱波襲来、オーストラリアがまた燃える?

Record-Breaking Heatwave Melts Roads in Parts of Australia

2019年12月23日(月)16時10分
ブレンダン・コール

暑さで道路脇の森林に火が付いた(ニューサウスウェールズ州、12月21日) NSW Rural Fire Service/REUTERS

<深刻な森林火災が続いているオーストラリアで、サウスウェールズ州にも暑さで「発火」しそうな危険が迫っている>

首都シドニーを含むニューサウスウェールズ州で史上最悪の火災を経験しているオーストラリアで、今度は隣りのサウスオーストラリア州に危険が迫っている。路面が溶けるほどの記録的な熱波で、一帯は「かまど」のようだといい、ひとたび山火事が起これば人の手では止めようがないという。

australiamap.jpg

Bruce Jones Design 2009


数日前から猛烈な熱波に襲われているサウスオーストラリアでは、日没後でも暑さは和らがず、最大の都市アデレードでは観測史上最も暑い夜が続いている。19日の夜も気温は34度以下には下がらなかった。日中の最高気温は過去最高の45度に達し、これからさらに暑くなる可能性があるという。

気象当局は、南部の町ナラボーの気温がオーストラリアの観測史上4番目に高い49度に達したと発表。数時間前にオーストラリア西部のユークラで観測されたこの地の過去最高記録を上回った。

<参考記事>アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡
<参考記事>5年前に海洋生態系に甚大な影響を及ぼした「海洋熱波」が再び発生

消防士の手に負えない

ムラト湾沿岸の町セドゥナでは48度と最高記録を達成し、地方当局の報告によれば、内陸のウディナとエアー半島東岸のポートオーガスタでは道路が熱で溶けた。

ポートオーガスタの市議会は「極度の暑さのため、あちこちで路面が溶け出している」と、警告する。

「現在、溶けた部分には砂利をまいて対処している。地元住民以外の通行は危険なので、異常な高温が続く間は別のルートを取るように」

州内の6つの地区で火災危険等級は最高レベルに達している。地元消防機関の幹部アンドリュー・スタークは、ひとたび火災が発生すればあっという間に燃え広がり、手の付けられない状態になると警告する。

「これは消防士にとっても非常に危険な状況だ。財産が失われるばかりでなく、人命が失われる可能性もある」と彼は言う。

「こうした条件下では、火の動きは予測不可能で驚くほど速く燃え広がる。消防士がどれだけ集まっても、火を完全に止めることはできない」

(翻訳:栗原紀子)

2019123120200107issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2019年12月31日/2020年1月7日号(12月24日発売)は「ISSUES 2020」特集。米大統領選トランプ再選の可能性、「見えない」日本外交の処方箋、中国・インド経済の急成長の終焉など、12の論点から無秩序化する世界を読み解く年末の大合併号です。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国4大銀行、不動産開発会社にオフショア融資実行へ

ワールド

中国、保険会社活用した個人年金制度開始へ 来年から

ビジネス

独輸出、10月は前月比-0.6% 予想以上の減少

ワールド

政府、反撃能力について年末までに結論=松野官房長官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月