最新記事

北朝鮮情勢

「平和に年末を迎えたいなら譲歩せよ」──ビーガン代表も警戒する北の挑発

South Korea Asks U.S. to Push On for Peace as North's Deadline Set to Pass

2019年12月17日(火)17時05分
トム・オコナー

韓国の文大統領は、訪韓中のビーガン北朝鮮担当特別代表に北との和平推進を要請した(12月16日) Yonhap/REUTERS

<韓国がいくらアメリカに期待をかけても、自分が作った年末の期限に向けて威嚇をエスカレートさせているのは北朝鮮のほうだ>

韓国政府は12月16日、アメリカに対し、北朝鮮との和平に一層努力を続けるよう訴えた。背景には、米朝の非核化交渉が、何の進展もないまま、北朝鮮が一方的に決めた「年末の交渉期限」を過ぎようとしていることがある。

韓国の文在寅大統領は12月16日、ソウルでアメリカのスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表と会談を行い、「非常に真剣な」議論を交わしたという。文はビーガンに対して、「朝鮮半島の和平プロセスが進展するよう絶えず努力してほしい」と要請した。

会談前、北朝鮮の金正恩党委員長は、自分で決めた年末の期限までに非核化交渉で譲歩するよう、ビーガンの言う「敵対的で必要のない」発言を繰り返した。ビーガンは、「アメリカのほうには期限などない」と強調し、「北朝鮮が今後、大がかりな挑発行為を行ってくる可能性はある」と認めた。

「そうした行為は、朝鮮半島の永続的な平和を実現するうえで、控えめに言ってもまったく役に立たない」と、ビーガンは記者団に言った。「しかし、道は変えられる。まだ遅すぎることはない。私たちと北朝鮮には、できる限りよりよい道を選択する責任がある」

<参考記事>北朝鮮のミサイル発射直後、アメリカはICBMを発射していた
<参考記事>北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

北朝鮮の威嚇は本物か

2019年も残すところ2週間となり、朝鮮半島に平和が訪れるかもしれないという年初の希望は薄れつつある。北朝鮮から見れば譲歩を渋っているトランプ政権に対して金がどんな反応をするかについての懸念もある。「対抗手段」が迫っている、という警告が繰り返されるなか、北朝鮮は西海衛星発射場で7日に続く2度目の「重大実験」を行ったことを12月14日に発表した。

北朝鮮の朴正天(パク・チョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長は、14日に実験実施を発表した直後、国営朝鮮中央通信に対して談話を発表し、「わが軍は、最高指導者の決定を行動に移す用意ができている」と述べた。「われわれの力を評価するのは自由だ。だがその威力を本当に知るには、はっきりと目にする必要があるだろう」

パクはさらに、「深刻な対立があるなかで、アメリカならびに他の敵対する国々は、平和な年末を過ごすためにも、われわれを挑発するような言動を慎んだ方がいい」と述べた。

トランプと金が2018年6月にシンガポールで史上初となる米朝首脳会談を行ったあとに、一部が解体された西海衛星発射場は、衛星技術とミサイル技術の開発拠点として知られている。いずれも、国連安保理が北朝鮮に禁じている技術だ。

(翻訳:ガリレオ)

20191224issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月24日号(12月17日発売)は「首脳の成績表」特集。「ガキ大将」トランプは落第? 安倍外交の得点は? プーチン、文在寅、ボリス・ジョンソン、習近平は?――世界の首脳を査定し、その能力と資質から国際情勢を読み解く特集です。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月