最新記事

香港デモ

隠れ家に逃走手段など 香港デモの若者たちを支える市民の輪

2019年11月29日(金)11時02分

抗議参加者に寝床を準備する市民。11月1日、香港で撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

朝、目を覚ましたマクさんのもとに、子供たちが驚いた表情で駆け込んできた。おもちゃの台所セットやブロック、電車や自動車の模型、ドラムセットが散乱する子ども部屋の真ん中にあるエアベッドで、見知らぬ男性が眠っていたからだ。

男は香港で続く反政府デモに参加していた21歳の若者だった。抗議活動にもっと加わっていたいという思いで仕事を辞めたが、家賃を払うだけの収入がなくなったため、法律関係の仕事に従事するマクさんが自宅に招き入れていたのだ。

この男性が誰なのか、なぜ家にいるのか、6歳の娘と3歳の息子から初めて問われたとき、マクさんは「この同じ街に困っている人がいて、私たちはその人たちの力になれるということだ」と答えた。

「何か私にも貢献できないか、と考えていた」と姓だけを明かしてくれたマクさんは言う。「抗議に参加している若い人たちが、十分にお金を持っていなかったり、住まいや休む場所にも困っていることが分かった。私たちにも、最低限それくらいは提供できる」。

摘発恐れ、匿名での支援

マクさんの例に見るように、抗議の最前線には立たないものの、抗議参加者を支援している香港市民はたくさんいる。抗議デモはほぼ無許可で、ますます暴力的になっているため、自ら参加する勇気はないとしても、運動に貢献したいとは思っているからだ。

ロイターは、抗議参加者を支援する市民10数人に取材したが、いずれも匿名を希望するか、断片的な個人情報しか明かしてくれなかった。混乱が続く5カ月以上にわたり、5000人以上の抗議参加者を逮捕してきた警察による捜査を恐れているためだ。

抗議集会後は道路が封鎖され、鉄道の駅も閉鎖を余儀なくされることが多いため、提供される支援は隠れ家から車への便乗まで多岐にわたっている。こうしたプロセスのなかで、エアビーアンドビーやウーバーの無料版のように機能しているわけだ。

単位面積当たりでみると世界でも最も高額な不動産が多い香港だが、カトリーナさんのように、過密状態の狭苦しい集合住宅で暮らす市民も少なくない。

教会で働く34歳のカトリーナさんが夫とブチ猫と暮らす住居は、リビングとダイニングとキッチンを兼ねる部屋が1室、ベッドルーム1室、それに小さなオフィスという構成だ。それでも7月以来、彼女は7人の抗議参加者を迎え入れてきた。

「素晴らしい環境ではないが、彼らが本当に隠れ家を必要としているなら、路上に居るよりはいい」とカトリーナさんは言い、複数の抗議参加者を泊めるときにリビングルームの仕切りに使うブルーシートを指さした。より多くのスペースを空けるため、彼女は食卓用の椅子6脚を処分し、特に緊張が高まった夜には4人の抗議参加者を匿ったという。

カトリーナさんとマクさんは、フェイスブック上のグループを経由して接触した若い抗議参加者に自宅スペースを提供しているが、このグループには90人近くが参加している。また、メッセージアプリ「テレグラム」上には、抗議参加者向けに法律面での支援、公共交通機関の利用カード、食糧引換券、防護服などを提供するグループが少なくとも2ダース以上存在し、参加者は数千人にも達している

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月