最新記事

日韓関係

韓国ユニクロがヒートテック無料贈呈で長蛇の列 日本製品不買運動も転機か?

2019年11月28日(木)16時30分
佐々木和義

消費者が戻りはじめている韓国ユニクロ 撮影:佐々木和義

<韓国ユニクロの15周年記念イベントに開店前から行列ができるほどの大盛況。不買運動がはじまって4ヶ月余り、韓国の経済や生活に深い結びつきをもつ日本企業は多く、不買運動も転機か?>

韓国ユニクロが2019年11月15日から21日、15周年記念と銘打ってヒートテック10万着を準備し、買物客に無料でプレゼントするイベントを実施した。日本製品不買運動の活動家などがインターネットで批判したが、開店前から行列ができるほど大盛況だった。

日本製品不買運動の矢面に立つユニクロだが、寒さが厳しさを増すにつれ、主力製品のヒートテックを求める消費者などが戻りはじめている。

床暖房「オンドル」を支えるリンナイ

韓国ユニクロをはじめ、韓国の経済や生活に深い結びつきをもつ日本企業は少なくない。韓国の首都ソウルは1月の最高気温が氷点下になる。寒さをしのぐアイテムとして、2010年頃から中高生の間でノースフェイスが流行した。高価なノースフェイスを着ていない生徒はいじめに合い、入手するため盗難事件を起こす中高生が現れるほどになったが、この悪習にピリオドを打ったのがユニクロのヒートテックだった。寒さ対策の主役がノースフェイスからユニクロにかわり、いじめがなくなったという。

また、リンナイを韓国企業と思っている韓国人は多い。オンドルと呼ばれる床暖房が使われてきたが、現在はガスや電気、灯油などを使用した温水床暖房が主流となっている。1974年に韓国に進出したリンナイは床暖房で韓国3位のシェアを持ち、家庭用ガスコンロは50%のトップシェアを独走する。韓国の生活になくてはならない企業となっている。

先端素材は日本依存が高い。LGディスプレイは世界液晶パネル市場で20%のシェアを持つ。2009年から中国BOEに1位の座を明け渡す18年まで大型液晶パネル市場で首位を維持してきた。このLGディスプレイを支える企業に日本電気硝子がある。2005年に合弁会社を設立して日本で製造した板ガラスを韓国で加工し、LGディスプレイに供給してきたが、2013年に14億ドル余り(1350億円)を投じて京畿道に生産工場を建設した。日本企業の韓国進出で最大の投資額である。韓国工場が稼働するとLGディスプレイの日本電気硝子への依存度はさらに高まった。

韓国に進出している日本企業3000社余りあるというが、その多くがサムスン、LG、現代など韓国のグローバル企業に素材や部品を供給する。液晶や半導体の原材料、自動車のエンジン部品、鋼板、ガラス、各種製造機器など多様な主要部品を日本企業が供給している。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米コロナ支援に協調必要、弱者が最大の苦境=シカゴ連

ワールド

独仏首脳会談、今夏開催か 南仏の大統領別荘で=関係

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

ビジネス

ダウ357ドル高、S&P小幅高 ハイテク大手よりバ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月