最新記事

暴露本

「トランプの記憶力が怪しい」米政府高官

Trump Regularly 'Can't Remember What He's Said,' White House Insider Says

2019年11月21日(木)15時25分
シャンタル・ダシルバ

知らないことをとっさにごまかすのはうまいトランプだが Jonathan Ernst-REUTERS

<現役の米政府高官が出版した暴露本は、トランプのただならぬ言動に焦点を当ててアメリカに警告する>

トランプ政権についての新たな暴露本が、11月19日に発売された。それによれば、トランプはしばしば「自分で言ったことや人から聞いたことを思い出せない」ことがあるという。

「A Warning(警告)」と題する260ページ近い大作で、著者はその大半をトランプのただならぬ言動の描写に費やし、警鐘を鳴らしている。

「トランプ政権の現役の高官」と紹介される匿名の著者は、自分たちは「大統領の頭の冴え具合を診断する立場にない」と認めつつも、「正常な人間なら、ドナルド・トランプ米大統領と少しでも一緒の時間を過ごせば、自分が見たものに違和感を覚えるはずだ」と書く。

「よろめいたり、ろれつが回らなかったり、混乱したり、すぐに苛々したり、情報を総合的に理解することができなかったり――こんなことが時々じゃなく日常的にある」とこの政府高官は書く。「自分が言ったことや人から聞いたことを思い出せない」ことも頻繁にあるという。

「アメリカ国民は、トランプが時に責任逃れで自分が言った言葉を否定するのには慣れっこだ」と彼は書く。だが多くの場合、「トランプは責任回避のためではなく、本当に重要な事実を覚えていないようだ」というのだ。

「カテゴリー5のハリケーン」って何?

たとえばトランプはある時、「カテゴリー5のハリケーンなんて聞いたこともない」と言ったという。だが実際には、トランプは就任してから少なくとも4回、カテゴリー5のハリケーンについてブリーフィングを受けていた。

「彼は過去のブリーフィングを忘れてしまっていたのだろうか?」と著者は問いかる。「それとも、どれもちゃんと聞いていなかったのか?何百万人ものアメリカ人に影響を及ぼす現象なのに、彼の頭には残っていなかった」

また著者は、トランプはよく自分自身をとても知的な人間だと言ってきたが、自分たちは「大統領が知的に話そうとして失敗するのを、何度も見てきた」とも書く。

「政府の高官たちが、トランプのことを陰で『ばか』とか『脳なし』とか、理解力が『小学5年生か6年生並み』と言う理由が分かるはずだ」

またトランプは自分が言ったことや人から聞いたことを思い出せないだけでなく、「度肝を抜かれるほど不勉強だ」とも著者は批判する。

<参考記事>【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダルを告発した美女たち
<参考記事>トランプ政権の暴露本が、ここまで話題になる理由

ニュース速報

ワールド

米上院、中小企業支援策の融資期間延長法案を可決

ビジネス

富士フイルム、iPS細胞研究の再生医療ベンチャーに

ビジネス

日経平均は強もちあい、識者はこうみる

ビジネス

日経平均は強もちあい、高値警戒感から足踏み状態

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月