最新記事

2020米大統領選

それでも僕らがトランプを支持する理由

YOUNG TRUMP SUPPORTERS

2019年11月8日(金)16時40分
ビル・パウエル(本誌シニアライター)

magw191108_Trump2.jpg自分たちが信じる
もののために
勇敢に
戦わなければ
文化も国も大きく
変わってしまう
ことが分かった
──イザベル・ブラウン(22)

COURTESY OF ISABEL BROWN

自分と同年代の大半は「反抗心がなく、特に思慮深いわけでもない。彼らは政治的に正しい『進歩的な政策』を、忠実に支持しなければならないと思っている」と、ブラウンは語る。このような環境で「真の反抗とは、『私は賛成しない』と声を上げること。自分が信じるもののために勇敢に戦わなければ、文化も国も大きく変わってしまうことを、私たちは学んできた」。

「保守派」学生団体の組織戦

若いトランプ支持者は、政治的に希少な存在というだけではない。2020年の米大統領選に向けてトランプ陣営の選対本部長を務めるブラッド・パースケールによると、再選のカギを握る有権者グループは、18〜29歳の若者と、中道寄りの無党派の女性および共和党支持の女性だ。

2012年の大統領選でバラク・オバマは若年層の60%の支持を得て再選を果たしたが、2016年の民主党候補ヒラリー・クリントンは55%だった。多くの若者が彼女を「ワクワクする」候補者と見なさなかったのだ。「今回も接戦になりそうだから、トランプが前回よりうまく若者に対応できれば決定的な要因になり得る」と、米クィニピアク大学の世論調査アナリスト、メアリー・スノーは言う。

2016年の大統領選でトランプは若者票の37%を獲得したが、選挙戦は無秩序で、資金も十分ではなかった。しかし、今回は違う。トランプ陣営は既に1億2500万ドル以上を集めており、激戦州では若い有権者にターゲットを絞った選挙戦を展開している。

2016年に陣営のメディア戦略を取り仕切ったパースケールは、「従来の地上戦での組織づくり」でも若い有権者を獲得していくと語る。

さらに、バーチャルとリアルな世界の双方で、2016年にはなかった大きな援軍を得られそうだ。

その1つである「ターニングポイントUSA」は、7年前に当時18歳のチャーリー・カークが立ち上げた保守派──ここでは「トランプ支持」という意味でもある──の学生団体だ。全米の大学に1500以上の支部があり、公称4万人以上の会員を擁する。

カークは来年から、2012年のオバマ陣営を手本に活動を本格化させる。全米のキャンパスでソーシャルメディア戦略と同じくらい、地道な草の根の組織づくりにも力を入れる。

「若い有権者を狙ったこれほど大規模な共和党支持の活動は、かつてなかった。僕たちは変化を起こす」

ニュース速報

ワールド

米が露国家主義団体をテロ組織に指定、白人至上主義系

ワールド

新型コロナ、中国本土の新規感染者が32人に減少 全

ワールド

新型コロナ、子どもの感染では20%が入院必要に=米

ワールド

米有力議員、新型コロナ対応に必要な輸入品巡りITC

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 8

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 9

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月