最新記事

サッカー

W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは奇跡」と韓国主将

South Korean Soccer Players Describe 'Bizarre' Matchup Against North Korea

2019年10月18日(金)13時40分
マシュー・インペッリ

平壌で行われた歴史的なサッカー南北対決はまるで「戦争のようだった」The Guradian/YouTube

<中継なしの無観客というだけでなく、北朝鮮側はラフプレーの連続で、何度も怪我をさせられると思ったという>

10月15日に北朝鮮の首都・平壌で行われたサッカーの2022年カタールW杯アジア2次予選の北朝鮮と韓国の試合は、きわめて異様なものになった。金日成競技場で行われた歴史的な南北対決は、前代未聞のライブ中継なしの無観客試合。メディアによる取材もシャットアウトされた。

<参考記事>【対韓国・北朝鮮】日本は「核保有した統一朝鮮」を利用せよ

この異例の措置に疑問の声が上がるなか、韓国代表チームの複数のメンバーが17日、0-0のスコアレスドローに終わった同試合についてメディアに語った。

「北朝鮮の選手たちはラフプレーが多かった。暴言の応酬もあった」と韓国代表のソン・フンミン主将は語った。「勝てなかったのはとても残念だが、試合はとても攻撃的で、怪我なく無事に帰国できただけでも快挙だと思う」


韓国代表のチェ・ヨンイル団長は、北朝鮮代表のプレーはまるで「戦争のようだった」と評した。チェはさらに、北朝鮮の選手たちが肘突きをしてきたと説明し、「あんなに攻撃的なサッカーは見たことがない」と語った。また彼によれば、北朝鮮の選手たちは空中戦の時に、韓国の選手たちに怪我をさせようとしていたという。

携帯電話の持ち込みも禁止

チェは記者団に対して、FIFAに苦情の申し立てを行うかどうかを大韓サッカー協会と話し合っているところだと語った。韓国代表チームの現地滞在環境や試合のプレー環境に加え、ファンやメディアの入場を禁止した決定についても苦情の申し立てを検討しているという。

またチェによれば、韓国代表は北朝鮮入りする前に、北京の韓国大使館に携帯電話を置いていくよう指示された。平壌に到着するとそのまま高麗ホテルに連れて行かれ、外部と連絡を取ることはできなかった。北朝鮮の旅行情報サイトによれば、同ホテルは44階建ての大型ホテルだが、チェが記者団に語ったところによれば、ほかに宿泊客はいないようだったという。

<参考記事>韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

金日成競技場で試合を観戦したFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、試合について次のように語った。「歴史的な試合だったからスタジアムが満員になるのを楽しみにしていたが、観客席にファンが一人もいなかったのはとても残念だった」

北朝鮮側はその後、試合映像を録画したDVDを韓国側に持ち帰らせたが、韓国のテレビ局KBSの説明によると、画質が悪すぎて放送はできないという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中