最新記事

韓国

韓国、辞任したチョ・グク法相の検察改革で、最初に恩恵を受けたのはチョ氏の妻だったが......

2019年10月23日(水)18時00分
佐々木和義

23日、裁判所に出頭したチョ氏の妻 検察の召喚が公開から非公開に変更されていたが...... Youtube

<先週、文在寅大統領の支持率が39%に下落した。大きな影響を与えたチョ・グク法務部長官が行おうとした検察改革とは......>

韓国の世論調査会社ギャラップが2019年10月15日から17日に行なった調査で、文在寅大統領の支持率が39%に下落し、不支持率は53%まで上昇した。文大統領の支持率が40%を割り込んだのは就任以来はじめてである。

一方、リアルメーターが10月14日から16日に行なった調査の支持率は45.5%で、前週と比べて4.1ポイント上昇し、不支持率は4.5ポイント低い51.6%だった。対照的な結果だが、文大統領がチョ・グク氏を法相に相当する法務部長官候補に指名した8月中旬以降、不支持が支持を上回る状況が続いていることに変わりはない。

韓国ギャラップは支持率が下がった要因として、チョ・グク長官の辞任に大統領支持層が失望したと分析する。政権を支持しない理由は「経済・国民生活問題の解決が不十分」という回答が最も多く「人事問題」が続いている。不支持層がチョ・グク氏を法務長官に指名した責任を問う一方、支持層も検察改革など、施策の後退に失望したとみる。一方、リアルメーターは、長官の辞任が支持率上昇に結びついたと分析する。

相次ぐチョ氏と家族の不正・疑惑......

チョ・グク前長官は、ソウル大学法学部の教授を務めていた2017年、文在寅大統領候補を支援し、政権誕生と同時に青瓦台(大統領府)民情首席秘書官に就任した。検察や情報機関の国家情報院など、権力機構の改革を指揮し、文大統領の分身とまでいわれたが、文大統領がチョ氏を法務部長官に指名すると、野党やメディアが本人と家族の不正を取り上げ、疑惑が露呈しはじめた。

チョ氏は民情首席秘書官に就任してまもない2017年7月、私募ファンドに74億5000万ウォンを投資する約定を締結し、妻と子の名義で10億5000万ウォンを投資した。ファンド出資者は全員がチョ氏の身内で、「チョグク・ファンド」が集中投資をした「ウェルズシーエヌティー」は、大型公共事業を次々に受注し、飛躍的な成長を遂げている。

チョ氏の娘は疑惑が多い。高校3年の時、医学研究機関に2週間インターンとして勤務した後、医学関連論文に名前を連ね、その評価から名門の高麗大学に特別枠で入学した。しかし、専門的な学術論文で、高校生が書くことができる内容ではなく、コネを利用したという不正入学疑惑が持ち上がった。

また、大学院進学時に有利に働いたとされる東洋大学総長の表彰状も、チョ氏の妻であるチョン・ギョンシム東洋大教授が偽造した疑いがあるとして検察は調査を進めている。チョ氏の娘はまた、釜山大学医学専門大学院で2度落第したにもかかわらず、奨学金を6回受領し、指導教授が大統領の主治医に選ばれた。大統領の主治医は大統領府に近い大学病院の医師への委嘱が通例だが、緊急時の対応が難しい釜山の医師に委嘱したのだ。ほかにもチョ氏の母親が理事長を務めている熊東学園の債権・債務にかかる疑惑など、さまざまな疑惑に包まれている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米コロナ支援に協調必要、弱者が最大の苦境=シカゴ連

ワールド

独仏首脳会談、今夏開催か 南仏の大統領別荘で=関係

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

ビジネス

ダウ357ドル高、S&P小幅高 ハイテク大手よりバ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月